キャッシングの同時申し込みは止めるべきか

キャッシングベスト3

キャッシングの同時申し込みは危険?ブラックになるのか

30代の会社員です。結婚祝いや出産祝いが続いて、めでたいのですが、お財布が貧しくなってしまいました。息子も中学に上がり、もっとお金がかかってくることだろうと思います。不安なので、キャッシングを申し込みしようと思うのですが、気になることがあります。

様々な比較サイトでキャッシングを選んでいたところ、2・3の会社が便利そうかな、と思ったのですが、同時申し込みはしてもよいのでしょうか。口コミによると、同時申し込みすると、ブラックになってしまう、という、恐ろしい情報もあるのですが・・・。ブラックになってしまうと、ローンが組めなくなってしまうんですよね。キャッシングの同時申し込みは止めた方がいいでしょうか。

キャッシングを同時申し込みするリスクは多少はあります

キャッシングは、同時申し込みすることができます。ご質問者様のように、比較サイトで比較してみるのは、大変賢いやり方だと思います。キャッシングというと実にたくさんの会社があるので、どれを選んでいいかパッとは決められません。その点、比較してみれば、あなたに最適の会社が選べるというものです。

そこで、A社とB社で迷ってしまった場合、両方に同時申し込みすることもできます。それは禁止されていることではありません。ただ、口コミの通り、同時申し込みすることの不安点はあります。

キャッシング会社に申し込みすると、その情報が、あなたの信用情報機関に登録されます。もしあなたが審査に落ちてしまっても、通って利用しても、その履歴は残ります。延滞してしまったことも残ります。そして、その履歴は、金融機関は見ることができます。

ですから、あなたがA社に申し込みしたことを、B社も知ることができるのです。その場合、お互いのキャッシング会社に取って、あまりいい印象は与えられません。何か怪しいことがあるから、同時申し込みして、どちらか通った方を利用したいと思っているのではないか、と思われてしまう可能性があるのです。ちょっと危険な人物として捉えられてしまう、かもしれないのですね。

また、同時申し込みして両方審査落ちしてしまった場合、一度にふたつの、「審査に落ちた」という悪い情報が載ってしまうことにもなります。そのリスクは、同時申し込みにはつきまとうのです。

ローンの申込で嘘は絶対にNG!

キャッシングなどのローンを組む際は、必ず申込書に記入しますよね。そこでは自分の年齢、職業、年収など、当たり前ですがありのまま書きます。しかし中には、見栄を張って年収を高めに書いたり、職業を誤魔化す人もいます。これは一番やってはいけない行為です。

ほとんどの金融機関は、「個人信用情報機関」という、過去の借入や返済履歴を保管している機関を利用し、照会できます。今までに全くキャッシングもローンもしたことのない人は別ですが、そこで過去の履歴を見れば、申込書の内容が虚偽であるかどうかすぐ分かってしまうのです。

例えば、職業も年収も過去の履歴と合わなかった場合、転職したと言えばいいと思うでしょうが、1年前に違う職業で申し込んでいるのに、申込書には勤続年数が2年と書いていたら辻褄が合いませんよね。勤続年数は誤魔化せないのでそこで嘘がバレます。年齢も同じです。どうにかしてそこを潜り抜けたとしても、在籍確認等で職業を偽っていることはすぐバレます。それに、50万円以上の借入申し込みは所得証明が必要になりますので、どのみち嘘の情報で大金を借りることはできないのです。

また、最も悪質なのは他人の名前を使って申し込むことです。保険証などの顔写真のない本人証明書類を勝手に使って、持ち主の知らない間に借りてしまうケースがあります。これは立派な犯罪ですので、絶対にしないでください。数万円を借りるのに、犯罪者になってしまうなんて割が合わないですよね。

キャッシングローンは、信用第一です。最初の時点で信用を失うことは、後々、車や住宅購入など、大きなローンを組む時にも響いてきます。真面目に借入、真面目に返済するのが融資額を多くする一番の近道ですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.