さがみ信金のカードローンの商品特徴は

キャッシングベスト3

さがみ信金のカードローンは種類多いがどれを選べばいいか

首都圏に勤務しています。最近、消費者金融や銀行以外のカードローンに興味があります。住居近くに支店を展開しているさがみ信金についてさらっと調べてみたら、個人向けのカードローンがいくつかあるようです。どういった特徴があり、どれを選べばいいのでしょうか。

会員向けと一般向けカードローンから金利などの条件で選ぶ

さがみ信金は、本店が神奈川県・小田原にあり、神奈川県の地元企業、個人を中心に業務を行っている信用金庫です。テレビ電話でのローン相談システムを設けたことが、業界で話題となりました。

もともとは、地域の経済活性を目的として発達した信用金庫ですが、現在では個人向けカードローンなど、全国エリアでのサービスを行っています。とくにカードローンはインターネットでの仮審査ができることに特徴があります。(参考ページはこちら→融資での仮審査の役目について

カードローンの種類は、しんきんきゃっする、しんきんカードローン、セレクトとあります(2014年時点。以下同)。しんきんきゃっするは、借り入れ限度額(貸越極度額)が50~500万円以下の間で、10万円単位で設定する形になっています。金利は、50万円の場合で14.6%、最高額で6.0%となっています。

この信金の会員であることなどが条件となっていますが、この低金利は魅力です。これに対して、しんきんカードローンは、この条件がなく、一般のサービス利用が可能です。借り入れ限度額は50万円まで、金利は変動金利となっています(現時点で年利13%)。

もうひとつのセレクトは、公務員専用カードローンという位置づけです。基本的には安定収入が見込まれる公務員向けであり、貸し倒れリスクが少ない分、金利は低く設定されます。

いずれにしても特徴的なのは、それぞれのカードローンの審査で保証を行う保証組織の名前を、最初に商品名の横に明記していること。保証協会によって、申込み条件ごとの審査の通りやすさが異なるため、気にするひとにとっては親切な表記をしている会社といえます。

さがみ信金カードローンは目的に応じて選ぶ事が出来る

さがみ信金カードローンとはさがみ信用金庫のキャッシングとなっています。このキャッシングでは中小の消費者金融では当たり前となっている即日融資で利用する事も可能です。この企業のカードローンでは種類が3つあり選択する事が出来ます。種類は限度額が50万円~500万円、10万円から50万円、公務員専用のカードローンとなっています。(参考ページはこちら→職業によって使える融資も変わる?

限度額が50万円から500万円まで利用出来るものを「しんきんきゃっする」と呼ばれていますが、このキャッシングでは通常の消費者金融で利用出来るのとほぼ同じとなっています。申し込み条件は信金金庫の会員、又は会員たる資格を持つもので、満20歳以上65歳以下で安定した収入がある人が対象です。この安定した収入はパートやアルバイトでも可能となっています。(参考ページはこちら→どんな仕事でも使える融資はある?

使用資金は事業費以外ならOKで利用金額が100万円までなら50万円毎、100万円以降は100万円毎に金利が変化する仕組みになっています。最高限度額500万円を利用した際の金利は6%で利用する事が出来ます。又毎月の返済金額も利用金額に応じて定められています。

利用金額が10万円から50万円までのものは「しんきんカードローン」と呼ばれていますが、これは小額の融資を利用したいという人に向いているサービスです。申し込み条件は同じとなっており利用限度額は10万円、30万円、50万円の中から選ぶ事が出来ます。返済金額では10万円利用した場合5000円、30万円では10000円、50万円では15000円となっています。金利は固定の13%で利用する事が出来ます。

最後の公務員専用のカードローンでは申し込み条件が少し異なるようになっています。条件としてさがみ信金の営業地域内で在勤の国家公務員の方、又は地方公務員が対象となっています。又原則1年以上の勤務実績が必要でセディナの保障が受けれる人は申し込む事が出来ます。利用限度額は100万円、200万円から選ぶ事が出来、金利は7%で設定されています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.