信用金庫のカードローンの審査基準は?

キャッシングベスト3

信用金庫のカードローンの審査基準は銀行や街金とどう違うのか

最近、会社の近くの信用金庫が合併して名前が変わり、店舗の看板や外装が新しくなりました。それで、ここでもカードローンが利用できるということを知ったのですが、銀行とか街金とかと比べて、信用金庫だとなにか違いがあるのでしょうか。とくに申込み時の審査について知りたい。(参考ページはこちら→会社で融資の審査も変わるのか?

低金利が魅力だが、会員条件ややや厳しめの審査がある

信用金庫と、それ以外の金融機関との違いは、利用する側から見ると、それほど大きくありません。とくに銀行と比べると、口座をつくって振り込み、預け入れ、さらには個人向けの無担保・無目的ローン(カードローン)に関して、ほぼ同じ利用ができます。利用開始にあたっての口座開設などの手続きもほぼ同じです。

信用金庫の場合、創立した目的(主旨)や組織のしくみが他とは異なります。信用金庫の経営目的は、あくまでも地域の経済活性にあります。そのため、地元の中小企業、個人を中心とした会員を募ってその会員向けの利便性を図るビジネスを行っています。ちなみに信用組合は、その名のとおり、組合員向けという別ルールがあり、信用金庫のほうがやや自由度が高くなっています。

各地域にある信用金庫は、このように地域経済活性を目的にしているため、消費者金融(街金)と比べれば、たいていのところで、カードローンの金利は低く設定されています。審査に関しては、外部の保証協会に委託しているところがほとんどで、この保証協会は銀行と同じ組織であったり、その審査内容が銀行と同じと考えられています。

ただ、銀行に比べて資本力の面では規模が小さいこともあり、信用度が高く、確実に返済するお客が対象になるのは仕方がありません。そのため、メガバンクと比べて審査に慎重な姿勢になります。ただ、メガバンクも、審査は決して甘くはないため、ほぼ同じくらいの審査で、低金利のカードローンを利用できる、と考えられます。

【こちらも参考に】
銀行系と消費者金融の場合はどう違う?

信用金庫のカードローンの審査基準と信用情報機関について

信用金庫のカードローンの審査基準は、他の銀行などと比べて、厳しかったりするのでしょうか。実は、信用金庫のカードローンは、信金保証基金が保証会社になる場合と、信販・消費者金融が保証会社になっているカードローンの2~3種類を扱っているケースが多いのです。ですので、その中でも、信金保証が保証会社の場合は、審査が通常よりも厳しくなりますので、注意が必要です。逆に、信販・消費者金融が保証会社のカードローンの場合ですと、アルバイトでも審査に通る事が多く、一般的に見ても審査は甘いといえるでしょう。(参考ページはこちら→様々な仕事と融資の関係

しかし、それでも審査に落ちてしまうといった人は、他にどういった原因が考えられるのでしょうか。キャッシングやローン、クレジットカードの審査をする場合、必ず信用情報機関への照会が行われます。申し込みの際に、実は信用機関に照会・登録するといった記載があるのをご存知ですか。この、信用情報機関というものは、信用情報の収集及び提供を行う機関になります。CICに登録されております情報を例に出しますと、申込み情報、クレジット情報、利用記録などが登録されているのです。

そして、申込み情報には、あなたが以前にカードローンを申込んだ情報が約半年残っております。クレジット情報には、あなたの個人情報・契約内容・支払い状況などが記載されているのです。ですので、延滞や自己破産といった、金融事故を起こしてしまいますと、その情報は約5年間も記録として残ってしまいます。ですので、その間に申込みをした場合は、ブラック扱いになってしまいますので、殆どの会社に申込みをしても、審査に落ちてしまう可能性があります。

信用金庫のカードローンを申込みする場合でも例外ではありませんので、申込みをする際には、自分が今、どういった状態にあるのかというのを、きちんと考えてから申込みをするようにしましょう。審査基準はあくまでも、金融事故を起こしていない事が前提になりますので、気を付けてお金を借りるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.