玉島信用金庫のカードローンは消費者金融とどう違うの?

玉島信用金庫が自宅の近くにあるので、カードローンをそこで契約しようと考えています。信用金庫のカードローンは、通常の消費者金融とのサービスの違いって何かあるんでしょうか?金利などは消費者金融と信用金庫でどちらが得かなどの指標があれば知りたいです。(参考ページはこちら→色んな会社の特徴から融資を比較

信用金庫のカードローンは消費者金融よりサポートで優れています

消費者金融のカードローン・銀行のカードローン・信用金庫のカードローンにはそれぞれ長所と短所があります。今回は、その中でも信用金庫のカードローンが焦点になっているので、消費者金融のカードローンと信用金庫のカードローンの比較をします。
(⇒銀行と消費者金融の場合はどう違う?

信用金庫のカードローンの特徴は、サポートの充実さと、カードローンプランの豊富さです。多くの信用金庫では、利用者の目的に合わせた非常に多くのローンプランを提供しています。消費者金融は大別していくつかのプランがありますが、その種類は信用金庫ほどではありません。また、利用後にサポート体制がより整っているのも信用金後の方が上でしょう。

一方の消費者金融の特徴は、なんといっても審査面での長所です。借り入れをしたいと利用者が思ってから、実際にお金を引き出すことができるようになるまでの時間が、数多く金融業者の中でも消費者金融が圧倒的に速いです。そして、返済における利便性もです。ほぼ全てのコンビニATM、銀行ATMに対応しており、借入れと返済の自由さが非常に高いです。

金利についてですが、借入金額が50万円以下の場合、両者の差はほとんどないと言えます。そのため、この金額の場合で金利だけで判断するならどちらでもいいということになります。借入金額が増えた場合、若干信用金庫の方が金利面で有利になります。ですが、借入の際に審査をする場合、消費者金融の方が有利でしょう。

玉島信用金庫のカードローンにはどのような特色があるのか

地方の各地には信用金庫が設置されており、それぞれに独自のカードローンサービスが用意されています。ここでは、岡山に本店を持つ信用金庫である玉島信用金庫のカードローンの特色やメリットについて詳しく説明していきます。

玉島信用金庫のカードローンは、信用金庫の預金通帳にセットすることで、万が一の備えとして利用できるものです。そのため、専用のカードを作る必要がありません。通帳やキャッシュカードなどを使ってATMなどから簡単に借入や返済を行うことができます。(参考ページはこちら→いざという時のカードローンの使い方

また、通帳とセットになっていることから、預金の残高が足りなくなっても自動的に借入が行えるようになっています。そのため、残高不足で公共料金などの引き落としが不能になるようなこともありません。日常生活の中で自然に使えるサービスです。

審査に関しては、インターネットから仮審査を申し込むことができます。しんきん保証基金の保証が受けられるため、契約の際に担保や連帯保証人を用意する必要がありません。保証料は利息分に含まれるため、別途にかかる費用もありません。

安定した収入があって限度額を50万円以下とすれば、パートやアルバイト、主婦の方でも利用することができます。融資の限度額は、10万円~100万円の範囲で10万円単位で区切られています。それぞれの利用限度額は、審査によって決定されます。

また、玉島信用金庫のカードローンの中には、学資向けなど使用用途を限定することで金利を大幅に低く設定している商品もあります。そのため、それぞれの置かれた立場に合わせて、無理なく無駄なく自由に選ぶことができるのです。

信用金庫のカードローンはあまりメジャーなものではないため、使いにくいのではないかとか心配に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、以上のような特色から一人一人の生活に寄り添ったサービスが充実しているということがおわかり頂けたのではないでしょうか。お勧めしたいローンサービスです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.