消費者金融を初めて利用する時の査定が心配。何を調べるの?

26歳の美容師です。彼女を連れて、旅行に行こうと思いますが、彼女の誕生日と重なり、予算が心配です。その期間だけでも、消費者金融で乗り切れれば、と思うのですが、査定というのがあると知り、ちょっとこわいです。

消費者金融会社から借りるには、査定を受けなければならないのですよね。どこを調べられるのでしょうか。もし、査定で、借りられるお金が0円だったら、へこんでしまいそうで、困ってます。心の準備をしたいです。

消費者金融の査定はあなたの返済能力を見ます

消費者金融に申し込みすると、いきなりは借りられません。消費者金融会社に、「10万円を明日までに貸してください」といきなり言っても、ちゃんと査定を受けないと、借りられないのです。その査定で見られるポイントはひとつ。「あなたに返済能力があるかどうか」です。

もし、無職の人がいきなり消費者金融会社にやってきて、10万円貸してくださいと言うので貸したら、返済してもらえなかった、なんてことになってしまいますよね。無職であれば、返済するあてもありません。それだけではありません。年収が300万円ほどの人が、とつぜん100万円貸してくださいと言ったところで、年収の3分の1もの金額をすぐに借りてすぐに返済することもできるわけはないでしょう。

このようなことが起こらないように、返済することができるかどうか、返済できるなら、いくらまでなら貸すことが現実的に可能なのか、という金額を決めるのが、消費者金融会社の査定です。

ですから、そこまで査定に怖がることはありません。あなたの年収に見合った金額を希望すれば、基本的には査定に落ちることはありません。思ったよりはお金が借りられなかった、なんてこともあるかもしれませんが、それでも、その消費者金融会社を使い続けていれば、あなたの信頼は上がり、また査定によって借りられるお金が上がることでしょう。

消費者金融の査定は甘い?厳しい?

街中でよく見る消費者金融の看板。学生の多い街では、学生ローン、などと書いてある看板もよく見かけます。この消費者金融の査定ってどうなの?と思いますよね。

査定に必要になってくるのは、まず収入があるかどうか。これは必然です。お金を借りる、それは返済しなくてはいけないのですから収入がないと金融会社も困ってしまいます。

しかしながら、必ず「就職」していることが条件ではありません。アルバイトで在籍確認が取れれば、査定が通ることも多いようです。例えば学生で20歳だとしても、きちんとアルバイトをしていて、在籍の確認が取れれば査定が通る場合があります。

また、大体落とされてしまう、「水商売」関係のお仕事をされている方。こういった職業の方でも査定の通りやすい消費者金融があることも事実と言えましょう。

逆に、査定に落ちてしまう、という方。原因が必ずあります。まず挙げられる理由として、過去に返済が滞ったり、支払いをしていないという事故がなかったかということ。消費者金融との間には、社会的な信用も必要です。あなた自身の普段からの誠実な行動が付いて回ってきます。
そういった情報は、金融系、銀行系にも全て流れていますので、過去に、また現在にそのようなことがないか考えてみましょう。

査定に落ちる理由として、他には、現在申し込んでいるローン会社が多すぎる、といった理由もあります。使っている、使っていないにしろ、その持っているローン会社の限度額を借り入れ額と取られるからです。その件数が多ければ多いほど、借入金額が多いとみなされるわけです。

消費者金融からお金を借りる、ということは、自分自身をもう一度見直す良い機会、自分史を見つめなおす機会と思ってもいいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.