親に金を借りるよりもカードローンが安心?

キャッシングベスト3

親に金を借りる方がカードローンより安心なんじゃないの?

21歳のフリーターです。バイト先の友人(20代後半)が、カードローンでたくさん借金しているのを見て、日頃から不思議に思っていることがあります。なんで親に金を借りないのかな、ということです。親に金を借りる方が、カードローンよりも安心なんじゃないのかな、と思うんです。

カードローンというのは、なんだかイメージも悪いですし、金利?っていうやつも、かかるんですよね。お金をかけて、お金を借りるなんてバカらしくないですか?親に金を借りる方が得だと思うんですけど。

親に金を借りるよりもカードローンの方が安心な点がたくさん!

カードローンは、確かに、金利がかかりますし、カードローンを持っているというだけでイメージが悪くなることがありますよね。「カードローンを申し込みしたんだ~」なんて、周りの人に言いふらすような人はいませんからね。カードローンを持っていることは、悪いことだ、というイメージが、世間にはまだまだあるようです。

その悪いイメージは、一昔前のサラ金のイメージがつきまとっているからです。サラ金は、高い金利を取って、取り立ても厳しかったので、多くのサラリーマンが返済できずに苦しめられました。しかし、そのために、現在では法律が定められて、高すぎる金利はダメ、無理やりな取り立てはダメ、というふうになっています。

さて、親に金を借りる方が、カードローンよりも安心ではないか、という意見は、半分当たっていて半分ハズレています。人からお金を借りるということは、あなたの大切な人間関係を奪うことにもなるからです。お金を借りることで、どんなにお金を積んでも築けない、大切な人間関係を壊すことになる可能性があるのです。

そのために、たとえ親と言えども、お金の貸し借りは厳禁だと決められている家庭もあることでしょう。親ですらダメなら、友人や恋人などももっての外です。お金は、人の関係を壊してしまう強い力を持っています。

これに対して、カードローンは、会社にお金を払ってお金を借りるので、親に金を借りるよりもシンプルなのです。金利を払っているのですから、堂々とお金を借りることができるわけです。これならば、人間関係を崩すこともなく、必要な時にだけスマートにお金を借りることができます。しかも、即日融資も可能ですし、好きな金額を選んで借りられます。

このように、カードローンは、親に金を借りるよりも安心であるポイントがたくさんあるのです。

困ったときの親頼み?!親にお金を借りるとこうなることも!

月末や給料日前になると、お財布も寂しくなりますよね。どうしても支払いがある、どうしても足りない、なんてとき、親にお金を借りる、という昔ながらの手段がありますね。社会人になっても親は親、しょうがないわね、なんて怒られながらお母さんに借りたりすることもあるでしょう。

でも、この親からの借りたお金も、借用書を作成すれば法律上立派な借金になってしまうのを知っていましたか?親子間、という間柄でもギスギスはしたくないですよね。そのため、出来るだけ親からの借金は避けたいところですが、どうしても、という時もあります。後々もめたくない、貸しを作りたくない、という白黒はっきりつけたい誠実な方なら、この借用書を作成し、親からお金を借りる手段があります。

借用書には、日付や金額、返済日や返済金額など細かく記載するとよりわかりやすいものになりますし、後に揉めることもないと思います。署名をしてハンコを押すのですから、公的な書類になるかも。公証役場に行ってみてもいいかもしれません。

しかし、この借用書に記載しているように返済が出来ない、遅れてなかなか払えてない、なんていうときは、借りた、ということではなく、与えた、つまり贈与した、とみなされてしまうケースもあるようです。

親にお金を借りてさ、なんて話をたまに聞くことはあります。自分自身もその経験はあります。ですが、社会人になって自分の稼ぎがある程度落ち着いたら、御両親にも安心を与えてあげましょう。たまに借りてしまっても、きちんと返す、借りたものは返す、という親の教えを守りましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.