レイクのみなし弁済の準備書面の作成は

キャッシングベスト3

素人の私でもレイクのみなし弁済の準備書面は作成できるの?

10年ほど前に、レイクから借り入れしました。レイクを相手取り、過払い金返還請求を行っています。今、みなし弁済のための準備書面がどうしても必要なのですが、なんだか難しくて、自信がありません。絶対に過払い金を受け取りたいのですが、こんな準備書面ではダメなのではないかな・・・と思ってしまいます。

私は会社勤めのサラリーマンなのですが、素人の私でもレイクにみなし弁済のための準備書面を作ることはできるのでしょうか。

レイクのみなし弁済のための準備書面は専門家と相談しよう

過払い金返還請求というのは、なかなか素人には難しいものなのですよね。レイクに対する過払い金返還請求は、一人でやるには、相当の知恵と知識と時間が必要です。みなし弁済に反論するための準備書面を作ることひとつにも、その書き方を調べたり、工夫したり、実際に準備書面を書いたりする時間と労力たるや、働きながら行うのは実に大変です。

みなし弁済というのは、基本的には裁判では認められないものです。ですから、準備書面も、そこまで手間のかかるものではないはずなのですが、それにしても、一人でやるのは大変ですね。みなし弁済に反論する準備書面を書いただけで、裁判は終わり、というわけでもないですからね。レイクに無事過払い金を返してもらって初めて、努力が報われるわけです。

ですから、その長い大変なレイクとの裁判は、ふつうは、専門家に依頼することが多いでしょう。みなし弁済反論の準備書面も、専門家に相談しながら作ることができます。あなたは日頃お仕事があるのですから、手間のかかることは専門家に任せるのが一番です。専門家とは、弁護士や司法書士のことです。

ただ、弁護士や司法書士に頼むのはお金がかかります。レイクからお金を支払ってもらうことができたにしても、それで赤字になってしまったのでは意味がありません。そのことも計算しながら専門家に依頼してみましょう。無料相談を上手に利用したいですね。

みなしべ弁済に必要な準備書面て?レイクはきちんと和解してくれる!

消費者金融「レイク」。レイクに限らず、過去の歴史の中には、“みなし弁済”という消費者泣かせのものがありました。

この“みなし弁済”。わかりやすく一言で言ってしまえば、グレーゾーンの金利(利息制限法と違法の間の金利)でお金を借りた場合、そのグレーゾーンの金利を払わなくてはいけないというもの。金利が違法上限の29.2%となっていますから、それはそれは高い金利となります。この“みなし弁済”で支払った分を、過払い請求ということになります。

この過払い請求をするために、準備書面が必要になります。もちろん訴訟を起こして裁判になるのですから、大事な書類です。ですが、普段なかなか詳しい法律もわからず、ネットを見てもちんぷんかんぷん、という方は、近くの司法書士・行政書士の先生に頼むこともできます。最近CMなどで、過払い請求の取り戻しのCMなどが流れていますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

“みなし弁済”は聞きなれない法律や、馴染みのない言葉。この言葉に萎縮してそのままになっている方、いませんか?わからなかったら、まず相談をしてみることが大事です。元金を減らせるだけでなく、払い過ぎたお金が戻ってくる可能性大なのです。レイクの場合、準備書面作成に必要な書類をレイク側に頼んだ場合、とても感じよく応対してくれた、との話もありました。
そして、きちんと和解しているケースが多く見受けられます。消費者金融、ということで怖いことを言われるんじゃないか、脅されるんじゃないか、と思っているのは大間違い。ちゃんと国に登録している企業なので、さほど心配はないでしょう。

過払いかも?と思ったら、まずは今までに払った金額を調べることも大事です。まずは行動を。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.