出産後にお金ない!ピンチはローンが救う?

キャッシングベスト3

出産するのが不安…。お金ない時はカードローンに頼れる?

結婚3年目の、29歳の会社員です。そろそろ、子どもが欲しいとは思っているのですが、夫と相談しても、どうにも良い道が見つかりません。私と夫と二人で働いていて、ようやくギリギリで生活が成り立っている状況です。夫は、安定した職業とは言えませんが、私は夫の人間性に惹かれて結婚しました。

ですが、出産するとなると、私も仕事を休まなければなりません。そうすると、生活のためのお金がない状況になってしまうのではないか、と不安です。お金ない!と気がついた時には、すでに遅いですよね・・・。出産して、数ヶ月したら、親に子どもを預けて働きたいと思っているのですが、その間、不安なので、カードローンを申し込みした方がいいのかな・・・とも思っています。カードローンは便利ですか?出産のためにカードローンなんて、変ですかね・・・。

出産でお金ない!と焦る前に便利なカードローン

出産と仕事で悩む女性は、あなただけではありません。今は、夫が稼いで、妻が家を守るという時代でもありませんね。だからこそ、共働きがふつうになって、共働きではないとお金がなくなって暮らしていけなくなるのではないか、と不安になってしまうかもしれません。

でも、出産するのは夫婦として自然なこと。出産のために、あなたのお住まいの市町村でも補助金が出るはずです。それを使えば、出産費用はそこまで心配しなくてもよいでしょう。しかし、出産後にすぐ働けるとも限りませんし、いつ何時お金ない!と焦る状況になるかわからないのが、現実ですよね。

そんな時のために、カードローンを今のうちに申し込みすることをオススメします。カードローンを申し込みするのはとてもカンタンな上に、スピーディーにできます。面倒な手続きは必要ありません。基本的には、身分証明書だけで大丈夫です。

しかも、カードローンは年会費がかかりませんので、使わなければ使わないで家に保管しておけばオッケー。無駄遣いが心配な場合は、財布に入れて持ち歩かずに、家に置いておけば大丈夫でしょう。そして、万が一出産前や出産後にお金ない!と焦ってしまった時に、その日に借りることもできるのが、カードローンのメリットですね。

キャンペーンで、申し込みするだけで色々な特典がつくカードローンも、探せば結構ありますので、楽しんで選んでみるのはいかがでしょうか。

出産費用のお金がない人への提案

少子化傾向にある、日本。ですが、とある調べによると、出産したい、と願う女性は全体の約8割にも登っています。出産したい年齢については、一位が30歳、2位で35歳と、少々歳を重ねてから望んでいる女性が多いようです。

妊娠、出産は病気ではないので、基本的に保険が適用されず実費です。出産はしたい!でも、お金がない!と不安になっていませんか?ですが、今は昔と違って、「出産手当金」というものが全国健康保険協会から受けられます。その金額は、赤ちゃん一人につき38万円と高額です。産婦人科は病院によって診察代が様々ですので、出産費用も病院それぞれ違います。
評判のいい産婦人科は、出産を希望しても予約がいっぱいで見てもらえない他に、高額な場合も結構あるので、「赤ちゃんが宿る前」に色々と調べてみるのも楽しみの一つかも知れません。

38万円の出産手当金が出ても、出産費用が足らない、お金がない、といった時はどうしましょう?そういう時はご祝儀を費用に充てることも考えの一つでしょう。両親や親戚から頂けるこのご祝儀で賄えるケースもあります。しかし、ご祝儀ばかりあてにせず、妊娠・出産前から計画的に貯蓄しておくのが一番!せっかく授かる命なのですから、ママも心配事は一つでも少ないほうがいいに決まっています。ストレスはママの体だけではなく、赤ちゃんの発育にも影響しますので、くれぐれも注意してくださいね。

出産費用だけではなく、検診代や新しいベビー用品の費用など出費は重なりますが、小さい命の誕生を喜べるようにお金の仕組みを知っておくことも必要ですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.