日雇い労働者に対してのカードローンの待遇

キャッシングベスト3

日雇い労働者に対してのカードローン会社の待遇はどのくらい?

日雇い労働者は、職業の中でも不安定性が高く、消費者金融などの銀行機関からあまり信用を得ることができないみたいなのですが、具体的に、カードローン会社は日雇い労働者に対してどういった待遇で対応するんですか?(参考ページはこちら→仕事内容でカードローンは変わってくる?

日雇い労働の待遇は無職以上派遣社員以下といった程度です

日雇い労働者の待遇についてですが、消費者金融の中でも扱いに差がある部分です。基本的には、無職よりは待遇はいいですが、派遣社員や定期収入があるアルバイトよりは低い待遇にあると考えられます。日雇い派遣の場合は、収入がいつ途切れるかわからないという点で、消費者金融にとっては、リスキーは契約者に分類されます。そのため、アルバイトよりも収入に不安があると判断されるのです。とは言っても、無職よりは審査に通りやすくなります。(参考ページはこちら→無職では融資審査で歯が立たない?

日雇い派遣者にとって、借入先の候補になるのはやはり中小の消費者金融になるでしょう。大手の消費者金融は、日雇い派遣者の場合は、そう簡単に審査を通さないでしょう。表向きは借入可能と宣伝されていても、実際には、かなり厳しい審査になります。一方、中小の消費者金融は、収入さえあれば、たいていの契約者に譲歩するので、日雇い派遣であっても借入の可能性が高まります。(参考ページはこちら→借り入れを使いやすい金融業者についてはこちら

日雇い派遣の人からすれば、信用を上げるには就業形態を改善するしか方法がありません。無職と日雇い派遣の場合、借り入れ実績のによる信頼の増加は正直なところ、ほとんど見られません。そのため、最低でも定期的な収入を得ることができるようにすることが目的になります。

日雇いでもカードローンは利用できるのか?

キャッシングやカードローンを日雇いでのアルバイトしかしていないという場合でも利用することが出来るのでしょうか。実は、日雇いであってもカードローンを利用することは可能です。ただし、利用するためには注意しなければならない点がいくつかあります。

まず、収入面です。安定的な収入がアルバイト一時的にしか収入が入ってこないという場合では状況が変わってきます。安定して収入があるという場合のほうが比較的融資を受けることが出来る可能性が高くなるようです。融資を受ける際には、身分証明書が必要となりますが、この身分証明書は免許証や保険証などがあります。また、融資額によっては収入を証明する書類が必要となる場合があります。収入を証明するための証明書は、正社員でなくとももらうことが出来るのでそれらを提出することによって収入を証明することが出来ます。ただし、この書類に関してはすべての人が必要となるわけではないので、身分証明書さえあれば融資を受けることが出来るかもしれないと言えます。

さらに、審査の段階で在籍確認がされますが、これは派遣先にそのような連絡があるということを伝えることで、たとえ電話に出ることが出来ないという場合でも問題は無いようです。在籍しているということさえ確認することが出来れば、大丈夫です。もし、派遣会社に等速をしていないという場合には、申し込みを行う際に収入を証明する書類を提出してもよいでしょう。この場合に提出する書類は申込日直近のものであるとより良いようです。

日雇いで働いているという場合、カードローンやキャッシングの利用は簡単ではないと言えますが、必ずしも利用することが出来ないとうわけではなく、働き方によっては利用することが出来ることもあるようです。大切なことは、申し込みの段階で虚偽の申請をしたり、返済が困難になるような借入を行わないということです。計画的に無理なく返済することが出来るようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.