カードローンで一回に借りれる額ってどうやって決まっていくの?

カードローンを利用したいのですが、希望の借入額を無事に借りることができるか不安です。年収は約200万円で非正規雇用です。借りたいのは50万円で、今までお金を借りたことは一度もありません。消費者金融でカードローンを利用するつもりなんですが、希望した金額を一度で借りることは出来るでしょうか?
(⇒非正規の仕事でも融資は使える?

消費者金融で希望した金額を借りることは難しいです

消費者金融で借りることが出来る金額は、年収の3分の1までと決まっています。その例に当てはめれば、年収200万円の人が一年で借りることが出来る金額の限界はおよそ68万円となります。であれば、50万円の借り入れなら問題ないと考えられがちです。しかし、この考え方にはいくつかの点が抜けています。

まず、この年収の3分の1まで借りることが出来るという規則(総量規制)は、あくまで「借り入れができる最高値」であることです。つまり、最も信頼を得られる契約者が借りることが出来る限度額のことなのです。これは、企業の正規雇用者が過去に一度のトラブルを起こしたことがなく、十分な返済能力があると判断された場合のことを指します。つまり、非正規雇用者の契約の場合、この総量規制以下の限度額を設定される可能性が高いということなのです。

もう一つ問題になるのは、一度に借りるという行為そのものです。借り入れをするときに、最初に大きな金額を借りると、貸す側にとっては信頼を得る結果にはなりません。最初は小さな額を借りて、徐々に借入額を増やしていくほうが借りやすくなります。

カードローンはなぜ一回に借りれる額が決まっていないか

カードローンで一回に借りれる額は決まっておらず、利用限度額の範囲で自由な金額を借り入れることができます。但し、月に借りれる金額の上限が設定されています。カードローンを申し込むと、その人の収入や信用情報など様々な条件により借入限度額が決定されます。つまり、その借入上限の範囲内であれば、一回につきいくらでも借り入れられるため、一回に借りれる金額としては決まっていません。

多くの金額を借り入れるためには、利用限度額の上限をあげる必要がありますが、この上限をあげるためには、様々なことがあります。一回に借りれる額の上限は、利用限度額でもあるため、一回の借入額を増やしたい場合には、上限額を増やす必要があります。

上限額を増やすためには、まずは信用の構築があります。これは、消費者金融などのカードローンを発行している業者との間で、借入返済を繰り返すことで。借入返済を繰り返し、毎回期限を守り返済を続けることで信用を構築できます。信用ができれば、業者にとっては多くのお金を貸し出し、多くの利息で儲けたいため、限度額をあげる方向に向かうことになります。

また、利用限度額の上限に近い額での借り入れを繰り返しているということも重要です。利用限度額から低い金額でしか借り入れを行っていない場合は、上限額をあげる必要性を業者側は見いだせず、上限額があげれないというケースが多くなります。

カードローンのメリットは、上限額の範囲内で、毎月何度も必要な金額を引出、返済を繰り返せるという点にあります。つなり銀行のキャッシュカードを利用してお金を引き出すように、ATMなどで必要なときに必要な金額を借入することができます。上限額をあげることができれば、一回に借り入れられる額も増やすことができるため、例えば、大きな買い物をしたいといった場合などに、一回で多くの金額を借り入れできれば、より便利にカードローンを利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.