経営者になったら、どんなカードローンを利用すべき?

現在、勤め人で働いていますが、将来的には父親の経営する中小企業を継ぐ予定です。経営者になった場合は、どのようなカードローンを利用するのがいいのでしょうか

専用の審査がある事業者向けのカードローンを利用します

経営者、一般的には社長さんです。個人事業主の場合でも、その経営のトップに立つ人は経営者です。経営者はお金持ちというイメージもあります。一方、景気に左右される事業の責任者ということで、収入が不安定、リスクが高いとみられることもあります。

消費者金融では、こうした経営者向けのカードローンを取り扱っています。ビジネスローン、ビジネスサポートローンと呼ばれることも。

このビジネスローンを申込む際は、やはり個人、通常の雇われて働く人とは異なります。融資会社では、この規模の会社でこの年数働いている場合、年収はだいたいこれくらいだろう、という当たりをつけて、融資を行います。申し込み書に記入された収入と、これを比較して判断するわけですね。

事業者の場合は、この収入を、事業の売り上げを証明する書類などを使って申告しなければなりません。また、やはりリスクが高いという面で、保証人や土地などの担保が求められ、無担保の場合は、やや金利が高くなったります。

サラリーマンだったけれど、一部上場の経営者、社長になったという場合も、経営者のカードローンを使うことになります。でもこの場合は、通常のゴールドカード以上のハイクラスカードを使うのが一般的でしょう。
(⇒職業で変わる融資の事情

経営者が使いやすいカードローンを探す方法

サラリーマンと同様に経営者も、お金が必要になったときにはカードローンを利用することができます。特に事業者向けの商品を用意している銀行や消費者金融もあるので、利用しやすい商品を比較してから決めている経営者も多いのです。また法人の社長や自営業者など様々なタイプの経営者がいるので、事業規模や所得などに合わせて商品を選ぶことが大切です。
(⇒会社によって扱う融資プランも違います

特に借りやすさを考えたときには、消費者金融が提供している自営業者向けのサービスを選ぶ方法があります。自営業者向けのサービスは開業後1年以上経過している場合には申し込めるので、融資を受けるためのハードルが低くて借りやすい点が最大のセールスポイントです。また担保や連帯保証人も不要なので、どのような自営業者でも利用しやすいのです。
(⇒カードローンを使うなら知っておきたい基礎知識

また銀行系のビジネスローンであれば、運転資金や設備投資資金としても活用できる大きな金額を借りることができます。特にスピーディーな審査で500万円まで借り入れ可能なビジネスローンであれば、事業規模の大きい事業者でも必要な資金を確保できます。特に時期によって売上高が大きく変動する企業であれば、事業者向けのカードローンを利用することで、常に資金繰りを心配しないで経営に専念できるのです。

また事業者向けのローンの多くがインターネットで申し込み可能なので、ビジネスで多忙な経営者でも気軽に活用できます。しかも即時振込サービスやコンビニを使った返済もできるので、お金を借りるときにも返すときにも非常に便利です。また事業用の融資の場合には、総量規制の対象外なので、気軽にお金を借りることができるのが魅力的です。

また経営者向けのカードローンを利用する場合でも、各業者では初めての人向けのサポートも充実しています。そのために若手の自営業者や社長でも、融資の手続きも含めて丁寧な支援を受けられるのです。もちろん返済の相談もできるので、ビジネスを継続的に行えるように計画的にローンを利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.