カードローンと医療ローンはどっちが得?

キャッシングベスト3

カードローンと医療ローンはどっちが得ですか?

美容形成関係ででお金が必要になった時、カードローンと医療ローンってどっちがお得なんでしょうか。

カードローンは何の目的だって借りることが出来るものだから使い勝手は良い、医療ローンは使う医療機関で契約できるから手間がかからない?そんな認識で大丈夫ですか?
(⇒そもそもカードローンはどんなものかを確認

カードローンと医療ローンは金利を比較してみましょう

カードローンというのは利用目的が比較的自由で無担保、無保証人でOKという使いやすい借入ですね。利用限度額がその人の収入や与信によって決められますので、カードローンを申し込んだとしても美容形成で必要となる金額を全額カバーできない可能性もあります。これはカードローン利用で注意しておくべき点ですね。医療ローンは実際に施術を受ける美容形成の医療機関で申し込みをしますが、そのときに必要な金額だけのローンを申し込むことになります。審査に通れば必要な満額を利用することが出来るという事です。

医療ローンは医療機関で直接申し込みが出来るので他でローンを申し込むという手間がかからないメリットがありますが、金利は利用する医療ローンによって大きく違います。銀行ではなくサラ金のカードローンは金利が高めになっていますが、それよりも金利が高いという事も珍しくありませんから金利のチェックは重要ですね。借入希望金額と返済可能期間によっては無利息期間などがあるカードローンを申し込んだ方が大きく得をすることもあります。細かいサービス内容をチェックしておくと良いですよ。(参考ページはこちら→サービス内容について分からない事があれば相談しよう

医療ローンとしても使えるカードローンとは

使いたい時に使いたいだけお金を用立てる事ができるというのは、カードローン独自の特性と言えます。そして、気が向いた時に返すことができるというのも特徴であり大きなメリットといえるでしょう。「カード」を使ってお金をやりとりするからこそできることなのです。
(⇒カードローンでのお金の返し方

銀行などの場合にはもともと持っていたキャッシュカード等に付帯することもありますが、たいていは新規にカードを発行するというスタイルです。これらのカードを使って、口座やATMから預金とは別に金額を引き出せるのです。急な出費などがあって口座にもお金がないという時などに活用できます。

文頭でも述べたように返済方法も一種類ではないのです。大半の貸金業者は、借りた金額を一括、あるいは分割で返済するという方式を採用しています。しかしカードローンの場合はリボ払いに似たシステムを採用していることが多いのです。つまりどれだけ使っても毎月支払う額が一緒なのです。

毎月の返済額が一定額ということは家計を計算するのも容易であるほか、経済的に困っている状態であればある程度見通しをつけやすいという長所があります。カードローンは他のローンと異なり、どのような用途に用いても良いため、長期的にお金が必要になるような場合には特に向いているローンなのです

病気や怪我などでまとまった金額が必要になった時、医療ローンなどを利用することが出来ますが、これだけでは足りない時などにも役立てることが出来ます。多様な使い方ができる、これはこのローンならではの特性なのです。また逆に働けるようになって収入が増えた時などはまとまった金額を返済することも出来ます。

自分の状況や都合に合わせて返済をすることができる、これはカードローンの最大の特徴と言えます。カードという手軽さと、返済のフレキシブルさは活用する他ないといえるでしょう。経済的に困ったとしても、いくらでも解決する方法・手立てというものは存在するのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.