社長でもカードローンの審査に落ちる?

キャッシングベスト3

社長でもカードローンの審査に落ちる事あるの?

肩書が社長とかなると、やっぱりローンとか簡単に通るんでしょうか?自分は今個人事業でネット販売などを行っているんですが、正直収入的にはまだそれのみで生活はできないのでアルバイトなどをしてます。ただ軌道に乗りつつはあるので、もう少し規模を拡大していく予定が有り、資金調達や税金などの関係で会社にした方が良いと考え、事業登録もしようかと考えています。そうなると社長になると思うんですが、個人として社長という肩書が有るとカードローンなどは通しやすくなるんでしょうか?(参考ページはこちら→仕事と融資はどう関係する?

個人事業など小規模の会社社長は逆に通りにくいようですよ

社長と聞くと、羽振りは良さそうですし、いかにもお金をたくさんもっていそうなイメージが有りますが、ではお金が借りやすいかというと普通の会社に勤めている会社員と比べても逆に審査が厳しかったりするようです。それはなぜかというと、安定性の問題なんですね。事業というのはギャンブル性が有る為、要は、うまくいけば起こした人がたくさん儲かりますが、逆に失敗して借金がかさむ事だって十分に考えられる訳です。お金を貸す事自体、返済する事を前提に貸していますので、顧客として返済できなくなる可能性がある人は極力避ける事は当たり前でしょう。

審査の基準の中で、安定性は非常に重要な項目の一つです。金融会社としては、たくさん借りてくれる人より貸したお金を利子を付けて継続的に必ず返済してくれる人の方が良い顧客と言えるのです。そういった意味では特に個人事業などで小規模でしている会社の社長などは事業が傾く可能性もやはり有る為、厳しい判断をされるようです。どれくらいの規模で事業を検討しているかわかりませんが、事業運営費という事であれば、銀行に相談をするのが一番良いでしょう。銀行もやはり審査は厳しいでしょうが、経営・経理のプロがいますので、いろいろアドバイスがもらえたりします。

もちろん融資を受ける為には具体的な事業計画を提出しなければいけませんし、その過程でいろいろな弱い部分、リスクなどを客観・専門的に指摘してくれます。そういった事も事業を成功させる一つの要素になってくると思います。お金に困ってから相談するより、早い段階で事業相談をした方が、融資してくれる可能性も高いと思いますので、事業経営者として融資の相談に行かれてみてはいかがでしょうか?

なぜ審査が必要なカードローンを社長が利用するのか

世の中にはお金というものがあります。これは物を買うためであり、サービスを受けるための手段なのです。そもそもお金は最初からあったものではなく、人間が考え出した人類の歴史において画期的な制度なのです。

人間はお金がない時は物と物とを交換する物々交換が主流でした。しかし、それでは物の価値が分かりづらいので、お金という考え方を編み出したのです。現在ではお金は世界中で当たり前のように利用されており、誰しもが手にするものとなったのです。

そのお金が仮に足りなくなったら私たちは大変です。生活自体ができなくなる可能性も出てくるのです。その時に考えるのがお金をどこからか借りることです。

お金を借りるのに最も手っ取り早いのは身近な人たちから借りることです。例えば両親や親戚、友人や知人などです。これらの人から借りるには信用だけで借りるので借りやすいのが利点です。また金額や期間にもよりますが、金利がゼロの場合がほとんどです。しかし、返せなくなると信用がなくなるので今後の人間関係も続かなくなってしまう可能性があります。十分注意が必要です。
(⇒どんなお金でも借りたらきっちり返すようにしよう

上記の借り方が無理であれば金融機関に頼むしかありません。金融機関とは金融取引に関する業務を行なっている組織のことです。また中でも銀行は誰もがお世話になっている金融機関の一つです。

銀行は融資、預金、為替の三大業務を基本としており、この中でも融資は業務の柱と言われています。なので個人に対しての融資を積極的に展開しているのです。

銀行はこの個人への融資をカードローンと名付けています。このカードローンには利点があります。審査が厳しい面があるかわりに金利が低いのです。これは事前に確かな返済能力のある人だけに貸しているので金利に関しては低く設定できるのです。次にカードローンはフリーローンです。これは使用目的は問わないということです。
(⇒審査が簡単な融資が良いならこちら

このような特徴があるために利用者が増えており、中小企業の会社の社長でも利用が可能なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.