カードローンの審査、公務員の場合の手続は

キャッシングベスト3

カードローンの審査、公務員だと手続き省略されることってあるの

現在、転職を考えています。公務員も視野に入れて・・・。さて、現在、会社を辞めてアルバイト生活ちゅうなんですが、ときどきカードローンを利用しています。もし今後、公務員になったら、カードローンの利用っていう面で、なにか好都合なことはあるでしょうか。たとえば手続きが簡単になるとかだとうれしいかな。

安定収入があるため優遇されるが審査のハードルはやや高目

カードローンの個人向け融資を行っている会社の立場で考えてみると、実は公務員って、利用してほしい職業のひとつです。一方で、高給を得ている社長さんや、トップセールスマンなどのほうが利用客として求められているという見方もありますが、なんといっても公務員が人気です。
(⇒社長は本当に融資を受けやすいのか

なぜなら、融資会社が重視するのは、高給取りであることより、収入が安定していることだからです。たとえ、月に何件という契約を勝ち取って、成功報酬で月何百万と稼いでいる営業マンでも、いつまでもその成績が続くとは限りません。収入が多いことで、出費に歯止めが利かなくなっているとも考えられます。

会社の経営者も同様で、毎月の売り上げは、景気に左右され、ライバル会社との競争も存在し、いちがいに安定しているとはいえません。それに対して公務員は、基本的に月収は安定していてボーナス払いもあり、またそれをよしとする実直な性格である、と見られます。

とはいえ、ひとくちに公務員といってもさまざまな職種があります。所属する自治体や団体も千差万別です。どこで、どんな仕事をして、どのくらいの収入があるか、は融資会社にとってもきちんとチェックすべき点です。

公務員に限らず、カードローンを利用する場合、ひょっとしたらギャンブルにはまっているなどの可能性も考えられます。どうしてもそれまでの借り入れ履歴をチェックしますし、申込書の情報がきちんとされているかもチェックします。(参考ページはこちら→カードローンの履歴とはどんなもの?

公務員向けカードローンなども現在はありますが、やはり融資・審査手続き省略をうたっているところは見かけられません。金利面などで優遇される公務員ローンだからこそ、審査は厳しく、手続きは省略されないというのが実態のようです。

公務員のカードローン申し込みと審査について

近年、利用者が増えているのが銀行のカードローンです。かつては個人が無担保でお金を借りる先というと消費者金融や信販会社のキャッシングしか選択肢がありませんでしたが、最近では銀行も個人向けの小口融資に力を入れるようになっており、3大メガバンクを始めとして多くの銀行がカードローンのサービスを行っています。みなさんも、テレビCMや新聞、雑誌の広告に加え駅や電車内でカードローンの広告を見る機会が増えたと感じている人も多いことでしょう。

銀行がこの分野に力を入れるようになったのは、景気低迷による法人の資金需要の低迷に加え、大企業を中心に株式市場や社債市場などを利用して銀行を介さずに資金を調達する傾向が強まってきたことも影響しています。そのため、銀行としては法人融資以外の収益源として個人向けの融資にも力を入れるようになってきたのです。

銀行カードローンの魅力は、基本的に無担保かつ保証人も不要で迅速な審査でお金が借りられるという点が挙げられます。また、借りたお金の使途についても基本的に自由ですので、個人の目的に応じて自由にお金を使うことができます。金利についても消費者金融などのキャッシングと比べて金利が低い傾向にあります。これは、消費者金融や信販会社等のノンバンクは個別に資金調達をする必要がありますが、銀行ですと別途資金調達をせずとも豊富な預金をもっている点が影響をしています。

また、現在は総量規制といって貸金業者からの借入額は年収の3分の1を上限とする規制もありますが、銀行の融資はこの規制の対象外となっているため、必要であれば多額のお金を借りることも可能となっています。こうした便利なカードローンですが、利用にあたっては事前に審査が必要となります。審査については申し込み時間にも寄りますが、最短30分程度で当日のうちに完了します。また、審査にあたっては借入額にもよりますが、公務員や大企業といった社会的信用のある勤め先に勤務している場合ほど多くのお金を借りられる傾向があります。(参考ページはこちら→職業で借り入れの使い勝手も変わる

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.