就職内定者でもカードローン利用できるのか

キャッシングベスト3

就職内定者でもカードローン利用できますか?

就職内定者なんですけどカードローンは利用できますか。四月から給料がもらえることは分かっているのですがまだ実際もらってはいない状況です。
(⇒収入が無い場合での融資申し込みとは

やっぱり内定出ただけでは利用するのは難しいんでしょうか。カードローンを利用するために必要な条件って一般的にどういうものなんですか

カードローンを利用出来るのは基本的に定収がある人です

就職内定者でまだ実際働いていない、給料をもらっていないという状況だけならカードローンを利用することは難しいですね。カードローンを利用できる条件の基本は、定収があるということです。継続的に安定した収入があって初めてカードローンを申し込むことが出来るようになっているので、今収入が無いのであればいくら内定者でもうすぐ収入が入ることになる、ということだったとしてもカードローンは利用することが出来ません。どうしても利用したいのであれば、実際給料をもらうようになってからですね。

ただし、給料をもらえるようになったとしても就職後すぐのカードローン申込みで簡単に利用出来るわけではありません。カードローンの審査では勤続年数も重要視されます。長く同じ勤務先に働いていれば有利、反対に働いている期間が短ければ不利になるんです。これは収入の安定性というところによるものなんですが、就職してすぐ、2・3か月での申し込みはその収入が安定しているという判断をするのが難しいので審査に通らないという事もあるんですよね。

ただ、就職内定者でもカードローンを利用できる場合もあります。それが現在バイトなどで収入がある場合です。今バイトをしていれば、その状態でカードローンを利用することが出来ます。バイトを長く続けていれば有利ですね。今とりあえずカードローンを申し込んで利用できる状態にしておいて、就職後に収入が増えたタイミングで増額申請をする、という方法がスムーズかと思います。この場合は、バイトでも利用できるカードローンを申し込むということがポイントです。利用できる金額は少ないかもしれませんが、一度利用できるようになれば信用次第でどんどん限度額を上げることは可能ですので、そっちの方法を考えてみてはどうでしょうか。

学生でも内定者であれば簡単にカードローンは作れます

カードローンを作る際には、カード会社による審査を受ける必要があります。カードローンによる借入れは原則として無担保であるため、カード会社はカード利用者に十分な債務返済能力があるかどうかを審査を通じてチェックするのです。審査の基準となるのは安定した職業に就いているかといった点や、安定した収入があるかといった点になります。こうした審査基準は職に就いている社会人であれば問題が無いことが多いですが、安定した収入が無いケースが多い学生にとっては大きなハードルとなります。実際、アルバイトをしていて安定した収入源を有する学生もいますが、カードローンの審査においてはじかれるケースは少なくなく、学生がカードを作るのはそれほど簡単な事ではないのです。

しかし、同じ学生であっても就職活動を経て、企業から内定を貰っている内定者については少し事情が異なります。内定者とは、企業から将来雇用する事を約束された学生の事を言い、現時点では職に就いておらず安定した収入が無い学生ではありますが、近い将来に職に就き、安定した収入を得ることが予想される学生の事を指します。

こうした内定者については、企業から内定を貰った事実をカードローン会社に伝えることによって、審査に通りカードが作れるケースが多いです。カード会社はその学生が将来職に就き、安定した収入を得て債務返済能力を有することになる事を見越してカードの発行を行ってくれるのです。

内定者でカードの発行が承認される場合においても、利用限度額についてはそれほど高くない場合が多いです。これはカード利用者は現時点では安定した収入を得ていない学生であるため、カード会社としても高額の融資は行いづらい側面があるからです。しかし、利用限度額が低いといっても学生が日常資金を手当てするには十分な金額であるケースが多いですし、また実際に職に就いて安定した収入を得たら利用限度額は増額されるケースが多いので、重宝している内定者は多いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.