消費者金融は在籍確認なしで申し込めるのか

キャッシングベスト3

消費者金融の学生カードローンは在籍確認なしで申し込める?

消費者金融の学生ローンは在籍確認が必要ないというのは本当ですか?自宅に電話がかかってくるのは避けたいんですが、成人のカードローンの在籍確認のようなものは学生には当てはまらないらしいのですが、本当ですか?
(⇒在籍確認はそもそも何故必要なのか

消費者金融の学生ローンの多くは在籍確認の必要はありません

消費者金融を利用する人にとっては意外かもしれませんが、学生ローンを組みたい場合、そのために必要条件はほとんどありません。特に、成人の場合によく必要とされる在籍確認はほぼ必要とされません。そのため、学生ローンを組んだ時に自宅に電話がかかってくるようなこともありませんし、学校にローンがあると知られることもありません。在籍確認が必要ない理由はいつくかありますが、ひとつは学生の場合、たいていアルバイト形式で、収入がある勤務先と正式な雇用契約を結んでいないことがあります。

自宅に電話がかかってくるケースというのも、延滞や滞納といった行為さえ起こさなければ借入申込から返済完了まで一度もないというのが当たりまえとなっています。成人の場合でも、消費者金融の中には、一回のそう言った確認の連絡がないというケースは珍しくありません。ですが、学生の場合は、それよりさらにそういった電話連絡をすることは稀なケースになります。また、学生ローンの場合は、延滞や滞納など、本人が返済できなくなった時に、周囲がフォローしやすい環境であることが多いので、ちょっと返済期限が過ぎた程度でも連絡を一切しないという消費者金融もあります。

【参考ページ】
在籍確認審査で先に知っておきたい事

学生のカードローン審査は、在籍確認なしなのでスムーズです

カードローンとは、金融機関からのお金の借り入れですから、利用するには返済に充てるための収入が必要です。したがって、職や収入の安定した社会人が利用する場合が多いです。

しかし実はカードローンは、学生でも利用することができます。しかも社会人に比べると、申し込み手続きがスムーズで、審査にも通りやすいのです。そのためカードローンは、お金をすぐに用立てしたいという学生に、とてもオススメです。(参考ページはこちら→学生にもお勧めのカードローンとは

具体的にどのような面で有利なのかというと、まずは身分証明です。申し込み時には、どこに住んでいるどういう名前の人物かを確認してもらうために、身分証明書を提出しなければなりません。社会人の場合は運転免許証やパスポートを使うことが多いです。(参考ページはこちら→融資で必要になる書類を集めておこう

しかし中には、運転免許を取得していない人や、海外旅行に行ったことがなくてパスポートを持っていない人もいます。そのような場合は役所に行って、身分証明書となる住民票や印鑑登録証明書などを発行してもらわなければなりません。

しかし大学に通っていれば、誰しもが学生証を持っています。わざわざ役所に行って用意する必要はないのです。手間がかからないので、その分スムーズに申し込み手続きができます。

そして在籍確認なしで審査がおこなわれます。在籍確認とは、カードローンの申し込みをした人が勤めている会社に金融機関が電話をかけて、そこで本当に働いているかを確かめることです。これは、会社勤めをしている社会人にしか基本的におこなわれません。社長や部長などが電話に出る可能性があるため、緊張する人が多いのですが、在籍確認なしで審査してもらえる学生であれば、そのような緊張をせずに済みます。

また、申し込み時には住宅ローンや家賃の額なども申告しなければならないのですが、親元に住んでいたり親からの仕送りで生活している場合は、申告は必要ありません。この点でも手間がかからないわけです。

このように学生のカードローンの申し込みは、とても簡単におこなうことができるのです。少ない手間で気軽にお金を借り入れすることができるため、オススメです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.