仕送りはカードローン審査の収入にできるか

キャッシングベスト3

無職の人のカードローンで仕送りは収入として申告できるか

私は無職です。生活は親からの仕送りで暮らしています。カードローンを組みたいんですが、収入を明記する欄で仕送りの分を収入として申告することはできますか?それとも、職業を無職にするので、収入は記入しないほうがいいですか?
(⇒無職は融資を使う事ができるのか

仕送りを収入として明記することはできません

両親や親類からの仕送りは、所得ではありません。そのため、これらをカードローン契約時の所得として申告することはできません。無職の場合、無収入になるので大手の消費者金融や銀行の借り入れは非常に厳しくなるでしょう。無職であっても、借り入れをすることができる消費者金融はあるので、まずはそれを探すのが先決です。どうしても大手の消費者金融から借入をしたい、あるいはカードローンを組みたいといった場合には、無職という状態を解決する方が大切です。

万が一仕送り分を収入をして申告してそれが消費者金融に発覚した場合、情報詐称となり契約を破棄されることになります。どちらにしても契約者にとってはいいことがないので、素直に本当のことを書いたほうがいいでしょう。そして、面接時に、仕送りがあることを担当者に口頭で伝えたほうが、借り入れがしやすくなります。ちなみに、仕送りではなく年金については、収入として扱うことができます。

無職の状態でどうしてもお金を借りる必要があるなら、審査が最も甘い中小の消費者金融を利用しましょう。無職であっても、短期間の低額の借入ならば、審査で落とされる可能性は低くなります。

無職でも仕送りがあればカードローンを使えるか?

申し込みをしてカードを受け取り、そのカードを使ってお金を借りることができる、これがカードローンというシステムです。ただし使用できる人として条件を設けている場合もあります。まず第一に言えるのが年齢です。年齢に制限を設けている会社が非常に多いのです。

つぎに、収入です。収入が一定以上無ければ申し込んでも受け付けてもらうことが出来ません。カードローンのようなキャッシングサービスというのはお金を借りている以上返済をする必要があります。そのため、返済できると判断される程度の収入がなければ利用することも出来ないのです。(参考ページはこちら→融資が受けられるかどうかが決まる基準

無職では利用することが出来ないのか、と言う点については会社にもよりますが、ほぼ利用することが出来ないと言えます。無職であっても仕送りなどがあればある程度返済能力があることになりますが、それは自分で就労して得ているお金ではないので、安定した収入とはみなされません。

因みに就職していれば、就業形態はとくに問われることがないのも事実です。以前は社員として勤務実績がなければ借りるのも難しかったのですが、近年はそうしたことはありません。アルバイトや派遣社員であっても借りることが出来ます。多様な雇用形態が出来ているため、収入面にクローズアップされるようになっています。

現在職に就いていない場合で、カードローンを利用したいという場合には、実際に号したサービスを提供している業者や会社に相談するのが最も手早いと言えます。そこで受けたアドバイス通りに変わることで、融資を受けられるようになることもあるからです。

またお金に困っている時でなくても、カードローンに申し込んでおくという手段もあります。定職に就いていれば申し込みもそう難しいものではありません。病気や事故などの時にでも、カードを使ってまとまった金額を用意することができるのです。困ったときの転ばぬ先の杖として活用するのもまた、カードローンの賢い使い道と言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.