カードローン利用中の派遣切りについて

キャッシングベスト3

カードローン利用中に派遣切りで無職になったら契約破棄される?

私はいま派遣社員として働いているのですが、カードローンを利用するときに不安に思うことがあります。それが派遣切りについてです。もしいま派遣社員としての契約を切られた時に、カードローンを利用していたら、無職としての扱いにされてしまうのでしょうか?借り入れができなくなったり、審査で断られるようになると困るの教えてください。(参考ページはこちら→気になる無職とカードローンの関係

派遣切りがあった場合は次回以降の契約で無職として扱われます

カードローンを契約していて、返済中に派遣切りにあった場合は、その借り入れを返済して、次に借り入れをするときに無職として再審査になるケースと、現在の借り入れ限度額を引き下げられるケース、そして、以前と何も変わらずに利用できるケースの3つのパターンがあります。大手の消費者金融の場合、1つ目か2つ目のケースが多いです。中小の消費者金融の場合、2つ目か3つ目のケースが多いです。

とは言っても、やはり現実問題として、収入がなくなるために、多くの消費者金融では、無職として扱うことが多くあります。借り入れの時に、多くの額を借りている場合、限度額を引き下げられるのは、基本的に避けられないと考えてください。無職になった場合、契約自体が破棄されることは少ないですが、やはりできるだけ早く再度収入を確保することが重要になってきます。金融業者の立場からすれば、無職の契約者は抱えたくない契約者です。そのため、たとえ派遣切りのようなやむを得ない事情であっても、何かしらの対策を準備する必要があるのです。
(⇒仕事さえしていれば融資は可能に?

無職や派遣の人にカードローンはなぜお勧めなのか

以前と違って現在は、特に若い世代を中心に派遣で働く人が増えています。いわゆる非正規雇用の人は、正規雇用の人と同じくらいの割合になっているのです。特に女性ではその割合は高い傾向にあります。非正規雇用であっても、自動車やマイホームなどの購入で大きな資金が必要なことがあるのは他の人と変わりません。

けれども、銀行などでローンを組もうとすると派遣では信用が足りず貸してくれないことが、多々あります。また、非正規雇用という働き方ですと正規雇用と違って来月から突然無職ということも、考えられます。つまりローンを組もうとするとき無職であるということもあり得るのですが、無職ではどんなに資産や現金があってもローンの審査で断られることが多いのです

そんなときに頼りになるのがカードローンなのです。銀行で住宅ローンを組もうとして、審査を通らなかったとしてもカードローンであれば利用できることがあります。カードローンには、消費者金融業者が行っているものというイメージが強いですが、実は様々な業者が行っています。クレジットカードのキャッシングはもちろんのこと、誰でも知っているような名前の銀行までキャッシングを受け付けているのです。マチ金ではなんとなく心配という人でも、大手の会社なら安心です。

しかもカードローンの良いところは、小額でも借りられるということです。銀行のローンや融資では、小額では逆に断られることが多いものです。なぜなら、手続きが面倒なわりに銀行にとって利益が少ないからです。ですから、不必要なのにも関わらず多額のローンや融資を受ける人がいます。

しかし、ローンは借金ですから利子をつけて返さなければなりません。それを考えれば自分の必要な分だけ借りられるに越したことは無いのです。特に無職や派遣の人には必要な金額だけ借りられ、審査にも通りやすいカードローンの方が使い勝手が良い場合があります。お金を借りる前にいろいろな方法を、調べてみると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.