同居人に収入があれば無職でも借金できるか

キャッシングベスト3

同居人が働いていれば無職でもカードローンが利用できるの?

私は無職なのですが、同棲している彼氏がいます。先日、欲しいモノがあってカードローンを利用しようと考えたのですが、収入がない状態だと厳しいかと思って、その時は思いとどまりました。そこで聞きたいのですが、自分が無職であっても、同居している人に収入があるといったような場合は、カードローンを契約することができるのでしょうか?婚姻関係は結んでいません。
(⇒無職のカードローン利用は大丈夫?

そういった場合は無職として扱われます

周囲の状況によって、カードローン契約が結べなくなるということ起こりえません。今回のケースでは、あくまで本人が無職なので、カードローン会社は、無職の契約者として審査を行うだけです。その際、同居している相手であっても、婚姻関係、つまり家族として法的にみなされていない場合は、「他人」として判断されるので、その人がいくら稼いでいようとも、契約者の収入とは一切関係がありません。

カードローンは無職であっても契約できるケースはありますが、収入がある人に比べてかなりの制限を受けます。その際に、同居人に収入があると主張した場合、その人との法的な関係が重視されます。例えば、結婚している場合、契約者本人に収入がなかったとしても、婚姻関係にある人の収入を本人の収入と同列に評価してもらえるケースがあります。しかし、あくまで同棲しているだけといった場合や、婚姻関係がなく、厳密には他人の場合、その人の収入を自分の収入と主張することはできません。結果、無職として返済能力に問題有りと判断される可能性が高いでしょう。それを避ける必要があるのであれば、自身が働いて、収入を確保するしかありません。
(⇒返済能力の計り方について

無職同居カードローンは誰でも借りることが出来る

近年はとても多くの人びとがカードローンやキャッシングなどと言うものでお金を様々な金融機関から借りています。お金を借りると聞くとあまり良いイメージを持つことはできませんが、その様なことは実際には大きな企業や会社など様々なところでも多く行われている行為であるために、悪いことではありません。(参考ページはこちら→カードローンについて正しい認識を持とう

しかし、お金を借りる理由は多様化している傾向にあり、近年最も多くあるのは無職同居カードローンと言われている無職である上に親などの親族と同居しているにも関わらず生活費などに困り、生活必需品をそろえるためなど様々な目的でカードローンを借りる人がとても多くなっている傾向にあります。その様な仕事に就いていない人や親族などと同居している人でもカードローンでお金を借りることは一定の基準を満たしていればほとんどの場合においてその様な金銭的な契約をすることが出来る様になっています。(参考ページはこちら→本当に無職でも借りても良いの?

その、一定の基準とは主として、金銭的なトラブルなど様々なトラブルが起こってしまった時にその契約者を保障することが出来る身分保障人と言う人がしっかりといることや、その保証人が一定以上の財産を所有していることそして、本人の財産力などが今後上がる見込みのあることなどが基準となります。その様な条件にクリアすることによって無職同居カードローンを申し込んで金銭的なサービスを実際に使うことが出来る様になるのです。

サービスの限度額は無職や同居などの場合には通常の物よりも比較的低く設定されていることが多くあります。しかし、その様な状況でも一定の額を借りることは出来るために、多くの人びとが無職同居カードローンと言うものを申し込んで使っています。また、この様なカードローンにはもちろん普通のものと同様に利子と言うものが付いてきますが、多くの場合において金銭的な負担を少しでも和らげるために、利子も低く設定されているために、金銭的な余裕が少ない場合であっても借りることが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.