無職ですが嘘をついてカードローンに審査に申し込めますか?

数か月前にそれまで勤めていた会社をリストラされました。なかなか再就職も難しく、今はわずかな貯金で生活しています。でも、貯金もそろそろ無くなってきたのでカードローンで借入をしたいのですが無職では無理でしょうか?嘘の勤務先で申込むことは可能ですか?

まず無理だと思います

リストラにあったということで大変だと思います。今はリストラだの、倒産だの、給与カットだの、不景気の影響でいろいろありますよね。あまり気を落とさず、早めに新しい仕事がみつかるといいですね。カードローンを希望ということですが確かに無職では審査に通るのは無理だと思います。借入審査では年収、勤務先、勤続年数、借入歴を審査するのが一般的です。法律が整備されてからは年収の1/3までしか借入できなくなったので無職なら借入は不可能ということになります。では虚偽の勤務先を申告して審査に通ることができるかということですが、無理だと思います。

カードローンの審査には必ず在籍確認があります。在籍確認ではカードローン会社のスタッフが申込者の勤務先に電話をかけ、本当に働いているかを確認します。この際にスタッフは決してカードローン会社であることを伝えずあくまでも個人名で電話をします。申込者が席を外していても在籍が確認できれば問題ありません。会社にカードローンのことがばれる心配はほとんどありません。このように在籍確認はどんなカードローンでも必ずありますので虚偽の勤務先を申告してもすぐにばれてしまいます。虚偽の申告をしたことでかなり心象が悪くなりますので絶対に避けた方がいいと思います。

それでもどうしても借入をしたいのならまずなんでもいいのでアルバイトを始めましょう。この際どんな仕事でも構いません。そうすれば勤務先としてきちんと申告できます。カードローンの多くは正社員ではなく、アルバイトやパートでも借入は可能なのでとりあえずアルバイトを始めることが一番手っ取り早い方法だと思います。勤続年数というのも審査項目の一つではあるのですが、中にはゆるいカードローン会社もあるので勤続年数が短くても可能性はゼロではありません。少なくとも無職よりはずっと可能性が高くなります。また派遣会社に登録するという手もあります。ただし、登録しただけでは勤務実態がなく、給与も発生していませんのでこの方法で必ず審査に通るとは限りませんが虚偽の勤務先を申告するよりはいいと思います。

借入先を探すのは大変かもしれませんが頑張ってください。

カードローン申し込みの審査で無職だと嘘をついても良いのか

カードローンを申し込むにあたって条件があるのは、当たり前の話であります。そんな条件の1つとして在籍を確認するものがあります。(参考ページはこちら→在籍の確認とはどんな事をするの?

もちろんの事カードローンは仕事をしている方へ融資出来る物であり、無職の方には出来ないものは当り前であります。では、無職の方が嘘をついて申し込むが可能であるのかという部分も疑問であります。とあるサイトでは在籍確認を行わないローン会社もあるといいます。そんなローン会社に無職だと嘘をついて申し込みが出来るのかというわけでありますが、これはまず不可能と思っていただくと良いです。審査の際に在籍確認を行うローン会社がほとんどであります。その際に無職だとわかれば審査は通過しないのは確実であります。

では、在籍確認を行わないローン会社の場合は申し込み時には、スムーズに通過するかと思います。審査の際無職だとわかってしまった場合は審査通過は無理でありますが、通過した場合は、融資を受けることが出来ます。しかしここで、ローン会社は再度調査を行う形になります。その時には、融資が可能でありますが、改めて再度審査を行った場合にわかってしまいます。そこで、無効になるケースがあります。

なぜそのようなことがわかってしまうのかと言いますと、ローン会社は信用機関と言われる所へ貴方の情報を調べることになります。その際に職業状況などを調べることになり、嘘がわかってしまうことになります。この場合、申し込みは無効となり、次回の他にローン会社へ申し込んでも注意リストになってしまいます。そんなことで、次回のカードローンの申し込みが難しくなってしまいます。そのような事のないようするには、嘘をつかないということが一番であります。

ローンのルール上就職している方が絶対条件であります。そのことを守ってローンを申し込みをすることであります。カードローンは凄く便利なものでありますので、このような信用を失うようなことをしないで正しい申し込みをすると良いカードローンになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.