無職だとカードローン審査で聞かれやすい事

キャッシングベスト3

無職でカードローンを契約する時に面接で聞かれやすいこととは?

無職でカードローンの審査を受けるときに、面接の際に聞かれやすいこととかあったりしますか?今度カードローンの契約をしに消費者金融に行くつもりなんですが、その時に審査で聞かれやすい質問などの回答を用意しておきたいので、聞かれやすい質問などがあれば教えてください。

無職の場合はどうやって返済資金を確保するかを聞かれます

無職の状態で消費者金融に借入を申し込んだ場合、相手の一番の関心事は、どうして無職になったかといった話題ではなく、無職(無収入)の状態でどうやって返済をしていくつもりなのかということです。お金を貸すわけですから、当然返すあてのある相手でなくては話になりません。そのため、消費者金融は面接の際に、無職である契約者に対して、返済のあてがあるかどうかをそれとなく聞いてきます。その返答によって、無職であってのお金を貸してもいい相手か、避けたほうがいい相手かの判断していきます。

その質問をされた時に一番してはいけない答えが、返答に詰まったり、答えをはぐらかしたりすることです。これをした場合、相手は返済能力がないと判断して、借り入れを許可する可能性が一気に下がるでしょう。仮に返済のあてが今のところなくても、アルバイトをはじめるとでも答えたほうがまだましでしょう。また、無職になった原因に正当性があった場合は、比較的借入をしやすくなります。ここでいう正当性とは、リストラなどの本人の力の及ばない不可抗力によるものや、転職のために一時的に無職になっているといった一時的な失業状態の場合などです。こうした無職は、正当な理由があると判断された場合のことです。

無職でカードローンは利用することが出来るのか

消費者金融業者や金融機関のキャッシングやカードローンを利用する場合には、いくつかの条件をクリアする必要がありますが、その中の最大の条件として挙げられるのが安定した収入があるということです。では、無職でカードローンを利用することは無理なのでしょうか。(参考ページはこちら→無職状態でも融資を受けたい人へ

ほとんどの場合は、融資を受けることが出来ないと考えるべきでしょう。その理由としては、返済することが出来ないと判断されるためです。一時的に収入があったとしても、それが続かないということであれば返済が滞る可能性があるためです。

しかし、絶対に融資を受けることが出来ないというわけでもないようです。例えば、専業主婦で収入がないという場合です。配偶者に安定した収入がある場合には、融資を申し込みことが出来ます。また、年金収入があるという場合も無職であっても認められる事があるようです。

ただし、年金収入があるからといって、すべての人が申し込みを行うことが出来るわけではありません。ほとんどのカードローンでは、申し込み年齢に上限が定められているためです。あまりにも高齢になってからでは申し込みを行うことが出来ないことがありますので、注意が必要です。申し込みを行う前にしっかりと確認するようにしましょう。

どうしてもお金が必要であるという場合には、派遣会社に登録を行うという方法もあります。在籍確認は派遣会社へ行われるので、勤務実績がなくても審査を通過することが出来る可能生があります。しかし、注意も必要です。まず、勤務実績です。最低でも3ヶ月の勤務実績が必要とされているため、派遣会社に登録したからといってすぐに申し込みを行うのは避けるようにしましょう。さらに、派遣先が決定している状態であることなども重要なポイントとなります。

いずれの場合でも大切なことは安定的な収入を得るための努力を継続して行うということと、返済時のことも考え計画的に利用するということのようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.