無職のカードローン借入限界はいくらか

キャッシングベスト3

無職の人だとカードローン借り入れ額の利用可能最高額はいくら?

無職の人でも、一部の消費者金融では借り入れをしたりカードローン契約を結ぶことができるらしいのですが、具体的にいくらぐらいまで借りることが出来るんですか?年齢や無職の経緯などで借りられる金額に差が出たりするんですか?
(⇒融資の審査ではどんなところまで見られるのか?

無職の契約者が借り入れできる金額は原則的に最低金額です

消費者金融で無職の人がカードローンを利用する場合、特定の条件下では借り入れをすることができるようになります。しかし、利用できる金額は基本的にその金融業者が提示している借入金額の中でも最低金額の水準になります。これは、金融業者にとって、無職というタイプは最も信頼性がない契約者に分類されるからです。そのため、たとえ今までどんな職業についていたとしても、契約を申し込んだ時点で無職であれば、返済能力は最低とみなされ、借り入れができる金額におおきな制限を課せられます。

また、無職の際の年齢は関係ありません。年齢によって借入ができる金額に差が出ることはありません。無職の場合、いかなる年齢であっても借り入れできる金額は消費者金融な基準の最低額になります。無職の状態で借入をするよりも、たとえ日雇い雇用でも収入を確保したほうが、圧倒的に有利な条件で契約をすることができます。消費者金融にとってなぜ無職の契約者がリスクが高いかと言ったら、返済能力が限りなく0だからです。返済能力がないということは、消費者金融にとっては、貸した金が返ってこない危険性が高いということです。しかし、無下に審査で蹴ってしまえば、その消費者金融は審査で厳しいという印象を与えてしまいます。銀行に対して金利で不利な面を持っている消費者金融にとって、消費者に審査が厳しいという印象をもたれるのは非常に都合が良くないのです。そのため、審査自体は通して、借りられる金額を最低限にすることでリスクを減らす手段を取るのです。

無職の人でも利用できるカードローンの借り入れ額と最高額

世の中には、働きたくても働きに出ることができないという人が多くいます。家族の看病や介護をしていて長時間の外出が困難な人や、自身が療養中で仕事ができないという人などです。

無職だと、扶養してくれる家族がいたり仕送りをしてくれる人がいたりしない限りは、生活費が不足してしまいがちです。そのような状態の人におすすめなのが、一部の銀行のカードローンです。

一般的に金融機関での借金は、安定した職や収入のあることが条件となっています。返済するあてのない無収入の人に対して、金融機関はお金を貸さないのです。しかし一部の銀行では、借り入れ額が少なめであれば、貸してくれます。専業主婦や療養中で働いていない人でも、お金を借りることができるのです。

借り入れできる最高額は、銀行によって異なっています。10万円までというところもあれば、30万円までというところもあります。それほどの大金ではないため、無職の人でも、努力次第で返済は十分に可能です。

そして扶養してくれる家族がいる場合は、さらに多くのお金を借り入れできます。これは、自身に収入や返済能力がなくても、家族による返済の協力を得ることができるからです。その家族の収入証明書の提出が必要になりますが、その収入の金額次第で、10万円や30万円ではなくもっと多くのお金を借り入れすることが可能です。
(⇒融資の審査で収入証明が必要になるケースとは

このように銀行のカードローンは、働きたくても働けず、収入を得ることができない人にとって、とても頼りになるものなのです。生活の支えになると言っても過言ではありません。

さらに月々の返済を、かなりの小額でおこなうことができる点もおすすめです。たとえば10万円借りたとしても、毎月千円や2千円ほどの返済で良いのです。完済までに長い年月がかかることになりますが、月々の負担が少なくて済むので、生活にしわ寄せが行くことはありません。お金に困った時に頼りにできて、お金に困らないような返済の仕方ができるわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.