無職でも借り入れ可能なカードローンはありますか?

数か月前に勤めていた会社をクビになりました。わずかな貯金も底を尽きてしまい、就職活動に必要なお金も用意できないのでカードローンで借入を考えています。無職でも借入ができるカードローンってありますか。切羽詰っていますのでよろしくお願いします。

基本的にはありません

借入に関する法律が厳しくなる以前なら無職でも少額なら借入できるところはあったのですが現在では基本的にはありません。なぜなら今はカードローンに関しては総量規制という法律が施行されています。この法律では年収の1/3までしか借入できないことになっています。つまり年収がゼロなら借入可能額もゼロになるわけです。カードローンの借入審査では年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴を調べます。50万円以下の借入なら通常年収を証明する書類などは必要ありません。だったら、適当に申告すればいいじゃん!と思うかもしれませんが勤務先に関しては在籍確認を行います。つまり虚偽の勤務先や年収を申告しても在籍確認をすればすぐにばれてしまうということです。また虚偽の申告がばれると大変印象が悪くなりますので審査に通ることは難しくなります。

では無職の人はどうすればいいのでしょうか。正社員でなくてもパートやアルバイトなら借入は可能です。とりあえずどんな仕事でもいいのでアルバイトを始めるのはどうでしょうか。仕事内容を問わなければ何かしら仕事はあるはずです。アルバイトを始めてから改めてカードローンの申し込みをするのはどうでしょうか。それでもアルバイトが見つからないという人は派遣会社に登録してみましょう。真偽のほどはわかりませんが派遣会社に登録することでカードローンの審査をクリアする方法があるようです。しかし、審査の厳しさによってはこの方法が通用するかどうかわかりません。ちなみに審査が厳しいのが銀行で、緩いのは消費者金融です。

消費者金融の中でもとくに中堅の消費者金融は審査が緩いと言われています。過去の借入歴に問題があったり、多重債務でも借入できたという人もいます。ですので、とりあえず何かしらアルバイトをはじめ、それから中堅の消費者金融に申し込むというのはどうでしょうか。それでもどうしてもお金が必要であれば、家族や知人に借りるしかないと思います。こうしてあれこれ質問しているよりもアルバイトを探す方が早いと思いますよ。

無職の方が借り入れ可能なカードローンは存在するのか

無職の方が借り入れ可能なカードローンは、多くは存在しません。しかし、少ないながら存在します。

銀行より消費者金融に多いプランですが、無職の方でも借りれるカードローンを展開している金融機関の多くは、非正規雇用者でも、パートやアルバイトで得ている年収で借り入れ可能としています。しかし、この場合、無職の定義には当てはまりません。パートやアルバイトなどで収入を得ている人のことを近年はフリーターと呼ぶようになった為に、無職ではないとされます。

では完全な無職であるということは、どういうことかと言いますと、パートやアルバイトをしていない人のことを言います。その場合、カードローンの利用をする為には、いくつかの条件が必要とされます。その条件とは、まず配偶者がいる場合は、ある程度の年収を配偶者が得ているのであれば、その人を保証人などにすることによって、利用することができます。又、借りることのできる限度額を下げることによって、借りる額を少なくすればカードローンの利用をできる場合もあります。

保証人制度の利用をする場合は、保証人の承認無しではカードローンを組むことはできません。保証人制度を利用できる金融機関は、銀行であり、消費者金融では、その制度を利用する会社は皆無です。又、限度額を下げることについての補足ですが、基本的に正規雇用者で安定した収入を得ている人が組める額の3分の1程度まで下がると言われています。
(⇒どんな仕事なら融資で有利なの?

銀行における保証人制度とは、銀行側の安心材料になります。その安心を更に高める為にも、限度額を下げることを、銀行側から要求されることがあります。ですから、よくネットのローン比較サイトなどで表示してある最高限度額まで借りることはできないことがほとんどです。その点を注意することが重要です。

又、返済滞納などは厳しい対応をされます。金融機関によっては滞納の場合、追加で滞納をしたことに対する延滞料金を支払わなければならないこともあるので注意しなければなりません

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.