定職がなくてもカードローンは作れるか

キャッシングベスト3

最長半年で転職、定職がなくてもカードローンは、作れるか

人間関係や体調不良で、この5年くらい、なかなか仕事が安定しない。いわゆる定職についていない状態で、長くても半年続けばいいほうで、だいたい3か月で仕事をやめ、1か月くらい職安通いという、こういう状況で、テレビCMをやってるような金融機関のカードローンはなかなか借りられないのではないかと、思っている。もしいまカードを作れるとしたら、どんな選択があるのでしょうか。

できれば1年以上の勤務実績が理想、申込み時は正直に申告を

フリーターで収入が少ないからといってカードローンの申し込みを控える人がよくいます。でも最近では、正社員だからといって簡単に手取り年収が300万円を超えるなんて人も少ないという時代。別に借り入れ限度額(融資限度額)を気にしなければ、10万円から30万円でもいいというのであれば、じゅうぶんに借り入れができます。

というのも、カードローンの審査で重視されるのは、収入の安定性です。借り入れをして、返済が続く半年や一年という期間、収入があるかということが重要な基準になります。質問のように2、3か月で仕事を辞めてまた就職活動、という状態は、個人でも貸すのをためらう状態といえます。

とはいえ、審査のときに記入する申込書の勤続年数の欄、ここはあくまでも自己申告です。金融機関が参照するデータベース、個人信用情報には、勤務先や勤続年数のデータがなく、融資担当スタッフはこれを自動的に知ることはできません。

でも、あくまでも嘘の記入は禁物です。その職場で働いていることを確認する在籍確認や、申込時の口頭での質問の受け答えで、嘘がばれるケースもあります。

カードローンを利用するうえでは、1年以上の勤務が理想とされています。その状態を目指して働くというのが、まず考えられます。もうひとつは、短期間の仕事が続いているけれど、その理由を正直に申告して、平均してこの数年の収入を(これも正確に)申告するというのも、もう一つの手です。

誠実さを訴えて、数多く当たれば、決して大手はだめどいうこともありません。もちろん、それまでの借り入れ・返済状況がクリーンであること(信用状況がいいこと)は必須条件ですが・・・。

定職がなくてもカードローンは、作れるかという疑問に対する考察

カードローンは銀行などの金融機関や消費者金融が行っている小口融資の形態の一つです。従来の融資は窓口で手続きを行うのが普通ですが、カードローンは専用のカードを最寄りのATMで使用することで、融資や返済などを行うことができるのが大きな特徴になっています。そのため、利便性に長けていることから現在では多くの人がカードローンを利用しています。

カードローンは融資の一種なので、利用する際は審査を受ける必要があります。かードローンの審査の基準は金融機関や消費者金融によって異なりますが、多くの場合は申込者の勤続年数や収入が重要視されます。

かつてはカードローンは一定の年月以上勤続している社会人だけが利用できましたが、現在では規制が緩和されています。そのため、定職がなくてもカードローンは、作れるかという疑問を抱く人でも、場合によっては審査が通ってカードが発行されることがあります。

カードローンの利用に関しては月々の返済が可能であることが絶対的な条件になります。そのため、申込者に定期的な収入があることが求められます。収入については申込者本人とは限らないので、配偶者に収入がある専業主婦でもカードローンの申し込みは可能になっています。また、定期的な収入が見込まれる状態であれば、フリーターでも審査が通ることがあります

カードローンは最寄りのATMで手続きを行うことができるので、多忙な人でも簡単に利用できるのが大きなメリットです。また、利用可能金額の範囲内であれば何度でも利用できるので、時間をかけずに融資を受けることができます。そのため、急に現金が必要になった場合でも迅速に対処できる点が多くの人に愛用されている理由の一つです。

カードローンは上手に活用することで毎日の生活に余裕を持たせることが出来ます。自分の収入で月々の返済が可能になるように計画的に利用することが社会人としての責任になるので、使いすぎないように注意することが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.