カードローンは65才以上無職でも借入できますか?

数年前にリストラにあい、現在無職です。もう65歳なのでなかなか再就職できるあてもなく、日雇いバイトとわずかな年金で食いつないでいます。家のことでいろいろお金が必要でカードローンで借入をしたいのですが65歳、無職でも審査に通りますか?無理でしょうか?(参考ページはこちら→無職で融資審査に申し込むとどうなる?

私が知っている限りちょっと無理です、、、

まずお伝えしたいのはカードローン会社はボランティアではないということです。もしあなたがお金を貸す際に65歳の無職の老人にお金を貸すでしょうか?お金を貸すということは最低限貸したお金とその利子を確実に回収できる見込みがないとだめですよね。今のあなたにそれができますかということです。カードローンの申し込み条件の一つに年齢制限があります。未成年と高齢者です。未成年は責任能力がないため借入ができません。高齢者の場合は退職しても再就職が難しく収入を得られないことが多く、また病気や死亡などで返済ができなくなる可能性が高くなるのでカードローンでは上限を65歳にしていることが多いです。

高齢者でも借入できる可能性が少しでもあるとすれば定職についている場合などです。また不動産などの資産があればそれを担保に銀行からの借入もできます。ただ、高齢者の場合は借入をするより不動産を売却して現金を作る方が現実的かもしれません。その他にも年金を受給していればお金を借りることができるケースもあるようですが、詳しいことはわかりません。いずれにしても少ない年金で借金をするのは賢明ではありません。

とりあえず私に提案できることがあるとすれば、ハローワークなどに通って低賃金であっても高齢者にできる仕事を紹介してもらうことです。今は元気な高齢者も大勢いますので健康であることや、過去に勤めていた仕事で得た技術などをアピールするのがいいと思います。もし持病などあって働くことが難しい場合は行政に相談するということもできますがそれは最後の砦にしておきましょう。
(⇒仕事さえあればお金はいくらでも借りられる?

最近よく問題になっているのがヤミ金です。高齢者や無職の人、過去にトラブルがあって審査に通らないいわゆるブラックと呼ばれる人たちを狙って違法業者が甘い言葉で勧誘してきます。お金がないとついつい冷静な判断ができなくなり、ヤミ金と知りながら手を出してしまうことが多くあります。もしもこのようなトラブルに巻き込まれたら自分で解決するのは難しいので法律の専門家などに相談するようにしてください。

65才以上の無職の人でもカードローンを利用することができます

平成22年に施行された改正貸金業法によって、貸金業者は年収の3分の1を超える貸し付けを行うことができなくなりました。つまり、融資の可否及び融資額を決める前提として収入額を見ることになっていますので、無職で収入がない人がカードローンを利用するのは、かなり厳しくなっているのが実情です。しかし、数は限られていますが、無職の人でも利用可能なカードローンが存在しています。

一方、多くの金融業者が貸し付けを行う条件として、収入要件と同時に年齢要件も設けています。利用の下限年齢は、満20才以上となっているのが普通です。一方上限年齢の方は業者によって対応に差があります。一般的な企業の定年年齢である60才もしくは65才を上限としている金融業者が多いですが、65才以上の人でもオーケーとなっている業者もあります。ただし、いずれの場合も満70才に達した時点で新規借り入れが打ち切られるようになっているのが普通です。

つまり、年齢の上限が69才以下で無職の人でも利用可能となっている業者であれば、65才以上の無職の人でもカードローンを利用できるということになるわけです。実際に大手消費者金融の中には、そのような条件の人からの利用申し込みでも受け付けているところがあります。ただし、その場合には、年金収入を安定的な継続収入とみなすという取り扱いがなされています。したがって、収入要件が無視されていることにはなりませんので、法律違反にはなりません。

年金収入しかない高齢者に対する貸し付けを行っていない金融業者が多いために、簡単にお金を借りることができるヤミ金業者を利用する人も少なくありませんが、かえって自分の首を締めてしまう可能性があります。年齢が高くなればなるほど死亡リスクが高くなりますので、高齢者に対する貸し付けの門戸が狭くなってしまうのは仕方がない部分がありますが、利用できる消費者金融もありますので、諦めてしまう必要はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.