カードローン、ヒサンな結末を避けたい

キャッシングベスト3

カードローン結末がヒサンなことにならないためには

よく、ニュース報道やドラマで紹介される、自己破産などのヒサンな結末。カードローンを利用するとき、どうしてもこうした状況を考えてしまいます。なんだか毎回、借り入れ申込みのときに緊張してしまうのですが、こうした事態を避けるためにはどんなことに気を付けたほうがいいのでしょうか。
(⇒カードローンを使う上での危険性をまずはチェック

返済にちょっとでも不安が生まれたら、借りた金融機関に連絡を

カードローンを利用するうえで、ほとんどの人が避けたいと思っていることは、自己破産です。自己破産は債務整理の一つで、いってみれば「借金の棒引き」。借り入れ金がゼロになる救済策ですが、その分、かなりのデメリットやペナルティが発生します。

ペナルティとしては、金融機関などの仕事に就けなくなる、などがありますが、なんといってもいちばん重いのは、自己破産したという記録が、全国の金融機関が利用する個人信用情報リストに掲載されるということ。いわゆるブラックリスト入りです。こうなると、新たな借り入れどころか、携帯電話の分割購入、クレジットカードのショッピング利用やマイカーのローン購入が、数年にわたりできなくなってしまいます。

この最悪な結末を避けるには、なんといっても「相談する」に尽きます。まず、月々の返済のために必要な入金額が足りないとき、すぐに借り入れしている金融機関に連絡しましょう。返済遅延の記録が残るなどのデメリットが発生することもありますが、より安全で確実な返済プランのアドバイスが得られます。(参考ページはこちら→融資を使っているなら相談も活用しましょう

ちょっとした支払い遅れを放置して、しだいに金利が膨らみ、という状況で、もし他の(借りやすい)金融機関から返済のために借り入れをしてしまうと、アウトです。自己破産への道に陥ります。
(⇒多重債務は自分の首を絞めます

できるだけ早く相談する、もし最初の相談のタイミングを逃していたとしても、連絡する、ということは鉄則です。もちろん、計画的な利用をしていれば、こうした困った事態にはならないのですが・・・。ときには最悪の事態も考えて、しっかり計画を立てて利用するというのが、いちばん確実なキャッシング、カードローンの使い方といえます。

人気のカードローン結末がどうなるかはあなた次第

カードローンにもいろいろな種類があります。銀行系や信販系、そして消費者金融系のカードローンもありますよね。そんなカードローン結末がどうなるかは利用者次第ということです。カードローンは結局は借金をすることなのですが、カードローンは使い方によっては非常に便利なんです。人間生きていればお金が入用になることが必ずあります。誰もが貯金をたくさん持っているとは言えないのです。最近では今すぐお金が必要がない方がカードローンは作っておこうとカードの発行をする方もいます。これは、万が一家族が大きな病気をしてしまった時の保険としてカードローンを持つ方もいるそうです。特に銀行系のカードローンであれば、金利も比較的低く設定されているために、借り手側にとっても有利に借入ができますよね。

他にも銀行系のカードローンはメリットがたくさんあます。それは総量規制の対象外ということです。総量規制対象外ということは、通常は年収の3分の1を超えるお金の借入はできないのですが、銀行系のカードローンを利用すれば年収の3分の1を超える部分についても借入が可能です。ただ、誰もが借り入れができるわけでなく、あなたの属性や信用情報によって融資限度額は違ってきます。これはあなたがいったいいくらまでなら返済能力があるのかを、金融会社が総合的に判断しているのです。

ただ、カードローンは良いことばかりではありません。カードローンで破綻してしまう方もいます。それはお金の管理ができない人です。キャッシングやカードローンを利用する際には、必ず利用目的を明確にしておく必要があります。カードローンで破綻する人は、利用目的を明確にしていないために借金をして無駄遣いをしてしまうのです。これでは破綻してしまいますよね。月々の返済がいくらまでなら可能なのかをしっかりと調査し、返済計画書の作成を必ず行って下さい。そうすれば、キャッシングやカードローンを利用して失敗することはないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.