カードローンが組める人と組めない人の差

キャッシングベスト3

カードローンが組める人と組めない人の差は?

カードローンが組める人と組めない人っていますよね。カードローン申し込むなら組めた方が絶対にいいんですけど、どこが違うと結果が変わっちゃうんでしょうか。

自分が組める人かどうか知りたいので、何か目安のようなものがあれば教えてほしいです。

カードローンを組めるのは信用できると判断できる人です!

カードローンを組める人、組めない人というのは、カードローンを申し込んだ先である銀行やサラ金が「信用できる」と判断できるかどうかで決まるんです。信用できる人にしかお金を貸さない、それが基本になりますから、申し込み者がどういう人物なのかを判断するために審査を行うわけです。組める人は審査にクリアして、無事に信用できると判断してもらえた人という事になるのですが、ではその差はどこにあるのか、という事ですよね。

まず、組めない人というのは何かしら問題があるのです。例えば収入が不安定である場合ですね。年収がある程度あったとしても、それが毎月コンスタントにもらっている収入ではなく、月によって大きな偏りがあるような職業であれば審査で不利になります。収入が少ない月の返済が滞ってしまう可能性があるためです。収入は少なかったとしても安定して得られていることの方が重要なんですね。

あとは過去に借金返済を遅れたことがあれば、それはマイナスとなります。ブラックなんてもってのほかですね。与信がクリアであることは最低条件だと考えておきましょう。多少の問題があっても利用出来るところはゼロではないですが、銀行や名前の知られているような消費者金融をりようしたいのであれば、与信に問題が無いという事はとても重要なんです。

【参考ページ】
カードローンでは審査の難易度の差も気になります

カードローンを組める人ってどういう人なの?

最近は、即日融資などで利用が簡単・便利になってきたカードローンですがカードローンをもちたい場合は各会社規定の審査を受ける必要があります。自分はカードローン組める人なのかどうかがわからない、または組める人ってどんな人?という疑問を解決していきます。

まず、先に言うと各社独自の規定で審査に落ちた場合でも理由は絶対に教えてくれないです。なので1つの会社が落ちた場合でも他の会社だと通ったということもあります。基本的に1社だけではなく2社か3社の審査を受けとくといいです。ただ、3社以上一気に審査を受けてしまうと申し込みブラックと呼ばれ審査が通らなくなってしまうので注意が必要です。
(⇒融資でブラックと言えばこんな状態です

カードローンを組める人とは、まず安定した収入があることです。お金を貸す側も返済能力があり返済してくれる顧客に使って欲しいですよね。正社員だけというわけではです。アルバイトやパートの方のように収入がある方なら申し込み出来る会社が多いです。

そして、過去に返済など支払いの遅延が無い人です。自己破産や他社の借入の踏み倒しや1カ月以上の返済遅延があったりといういわゆる事故がある人はカードローンを組むのが難しくなります。ここで注意が必要なのが携帯電話や奨学金の返済遅延なども見られているということです。初めての利用なのになんでだろう?と疑問になる方も多いと思いますがこの条件で通らない人も多いです。

個人の信用情報(支払いの遅延)などは信用機関で簡単に分かってしまうので審査にマイナスになりそうなことでもきちんと申請することが大切です。他社で他に借入がある場合もきちんと申請します。

審査際に属性スコア制がほとんどです。これは、勤続年数(1年以上が望ましい)、年齢(20~30代がターゲットのところが多いです)、既婚か独身か(独身の方が優位と言われていますが既婚でも家庭を築いている部分がプラスになる事も)、勤務先(公務員、会社員、自営業、アルバイトの順)、保険証の種類(組合保険証、共済保険証、社会保険、国民保険の順)、住居形態(持ち家、賃貸の順)のようにスコアが設けられ高ければ借りられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.