銀行カードローンで一番重要な項目は何か

キャッシングベスト3

銀行のカードローンの審査で一番重要になることって何?

銀行のカードローンで一番重要なことってなんですか?今度銀行のカードローンを利用するんですが、その時に最も重視するであろう要素を知っておきたいです。審査の時や面接の時に相手が何を重視しているかがわかれば、それに合わせたこちらのアピールができるのではないかと考えています。銀行は契約者の何を知りたがっているのですか?(参考ページはこちら→融資審査で見られる事

銀行が最も重要視しているのは安定した返済が可能かです

銀行と消費者金融のカードローンに対する考え方は少し違っています。そのため、必然的に、銀行と消費者金融が契約者に求めるものも変わってきます。消費者金融が契約者に求める条件はそれほど多くありません。とりあえず滞納さえしなければいいといったぐらいで、収入やその人の返済能力はそれほど重視しません。それよりも、とにかく手軽さをアピールして、契約自体をしてもらい、契約自体をしてもらいたいと考えます。

銀行の場合は、それとは大きく考え方が変わります。銀行は正直言って、契約してくれてもくれなくてもいいとさえ考えていることがあります。そのため、契約者が銀行側の求める条件をクリアできなければ、容赦なく審査で落とします。その審査で最も重要視するのは、確実に返済できるかどうかです。銀行は、貸した資金の回収に対して非常に神経質な性質を持っているため、たとえ個人のカードローンであっても、その契約者が本当に返済を確実でできる能力があるのかを厳重にチェックします。そのため、継続的な収入は絶対条件になります。さらに、その収入の安全性(つまり、職を失う危険性がないか)についても注意しています。そのため、非正規雇用やアルバイトといった不安定な収入の場合、借り入れができる金額が少なくなります。なので、銀行にアピールしたいなら、自分がいかに安定した収入を得ることが出来るかを誇示するのが効果的です。
(⇒職業とカードローンの関係

銀行のカードローンの審査の特徴とメリットについて

世の中には個人に対してお金を貸してくれる制度があります。これは金融機関が行なっているもので、銀行や消費者金融が主に行なっています。これら銀行や消費者金融がお金を貸す制度のことをカードローンと呼んでいます。(参考ページはこちら→お金を借りられるカードローンの基本ルール

このカードローンという言葉を聞いて分かる人は多いです。しかし、その意味が分かる人は意外と少ないものです。カードローンとはお金を貸してくれる制度のことですが、もう少し詳しく説明すると個人向けに無担保でお金を貸してくれることを指します。無担保ということは念のためのものがないので、個人に対する信用のみで貸し出しをするのです。なので、銀行のカードローンの審査は厳しいです。誰でも気軽に借りられるものではありません。原則的には定職についていて、安定した収入があれば問題ありません。
(⇒どんな仕事なら融資をしてもらえるの?

このカードローンには2つの種類があります。それが目的ローンとフリーローンです。目的ローンは借りたお金の目的が限定されるものです。例えば、自動車の購入や教育費の支払いなどです。しかし、目的ローンでは何に使っても自由なのです。この反面、金利が高くなってしまいます。この点が特徴の1つなのです。

もう1つの特徴はカードローンの場合は決められた限度額の中では何回でも使えるということです。返済方法にもいくつかの種類がありますが、決められた金額を毎月返済する方式が一般的です。個人で利用する人の中にも商売をしている関係で使う人もいます。このような人にとっては何回でも使うことができるので、非常に向いている制度なのです。

カードローンのメリットは2つあります。1つは最初に決められた限度額が基本的には減額されることがないのです。2つめは借りるたびに審査を受ける必要がないことです。

このようにカードローンには多くの特徴があります。これらのことを十分に承知して借りなければいけません。無用なトラブルを起こさないように計画的な借り入れと返済を立てることが必要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.