多重債務になりやすい利用者タイプとは

キャッシングベスト3

カードローン利用者タイプから見る多重債務になりやすい人の特徴

私は借金をするのが怖いです。もともと金銭感覚があまりよくない上に浪費癖が若干あると言われてきたので、カードローンなどを組むと多重債務に陥りそうなのです。カードローンで多重債務になりやすい人の特徴などはありますか?

ギャンブル癖と浪費癖は多重債務になりやすいです

カードローンの利用者のタイプとして、金融機関が最も警戒しているのが、この二つのタイプです。ギャンブル癖は趣味がギャンブルだったり、過去にギャンブルによって借金をしたかどうかなどを聞かれて発覚しますし、浪費癖は、衝動的な買い物をよくする人などが該当します。こういった人は、手持ちにお金がなくなると、無計画に借りてでも資金を確保しようとする傾向があり、多重債務に陥る危険性が高いとされています。

消費者金融は、契約の面接の際に、こうした悪癖がないかどうかを会話の中でさりげなく聞いてくるケースがあります。収入などに問題がなかったのに、面接をしたら落とされたという面接の中に、こうしたマイナス情報が多分に含まれていたというケースが多いようです。(参考ページはこちら→融資の審査基準はどうなっている?

金銭感覚がそれほど正確でなくても、多重債務を回避することは可能です。そう言った人は、1ヶ月に借りていい金額の上限をあらかじめ決めておき、返済をする分の資金を別に用意しておく運用方法をおすすめします。収入を得た時点で、生活費よりも先に、借金返済分を取り分けて、その後生活費と可処分所得に分類する方法を取るといいでしょう。
(⇒融資の返済は計画的に

カードローン利用者タイプ、注意点などまとめてみました

最近はカードローンもずいぶん簡単になってきましたね、消費者の借り入れが簡単に行えるカードローン。実は借りる人のスタイルによって5つのタイプがあるのをご存知ですか?今回は、それらの人たちのタイプについて記載していきます。

タイプ1「生活維持借り入れタイプ」収入が減って、生活を維持するのに必要な資金を数社から借り入れしている。
タイプ2「多重借り入れタイプ」他の借り入れ金を返すために5社以上からの借り入れを行う、計画を立てていないため返済も滞りがちの傾向がある。
タイプ3「一時借り入れタイプ」ショッピングやレジャー、旅行などのために一時的に借り入れをするタイプ。
タイプ4「趣味、娯楽タイプ」自身の趣味や遊ぶお金のために借り入れるタイプ、1社からならあまり問題ないが数社から借り入れると返済がきつくなる。
タイプ5「小額借り入れタイプ」お小遣いの補填のために小額の借り入れをするタイプ、少ない時のみの借り入れなので返済が滞ることはあまりない。

大きく分けるとこの辺りですね、あなたはどのタイプでしょうか?何にしても「ご利用は計画的に」ですね。ちなみに多重借り入れタイプの人は滞納の可能性がありますので、できるだけ早く完済することをオススメします。

割合としてはタイプ1が一番多く、タイプ5に行くほど割合は減っていくようでした。主に占める割合としては「生活維持借り入れタイプ」が多いですが、このタイプの人も根本から変えないと何も変わりませんのでご注意を。

利用者にも様々なタイプが有ります、それだけ様々な事情があるんですね。消費者金融会社にお勤めの人も上記のポイントをあらかじめ把握して、消費者の借り入れのスタイルを理解してカードローン利用者に説明してあげてください。

カードローン利用者タイプはこの他にもあるか、探してみましたが主に見つかるのはこの辺りでした。記事の内容としてはあまり濃い内容のものではありませんでしたが、金融会社も消費者も有効なお金の使い方をして欲しいです。(参考ページはこちら→自分に好都合な金融業者の探し方

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.