クレジットカードとローンの違いがよく分かりません

最近になって、ようやくクレジットカードの類を契約しようと思い始めました。ですが、調べれば調べるほど聞き慣れない言葉が沢山出てきて、正直戸惑っています。クレジットカードとローンは、全くの別物なのでしょうか?

ローンとは、支払い方法の一つです

ローンとは基本的に支払い方法の一つで、一般的な住宅ローンやマイカーローンはもちろんのこと、クレジットカードでの分割払いやリボルビング払い、時にはキャッシュカードでのキャッシング(現金での融資)を指す場合もあり、線引も定義も少々曖昧になっているのが現状です。

例えば、一般的なローンと住宅ローンでも、前者は使途が定められておらず、後者は使途が限定されています。ところが、一部の銀行や金融機関がイメージを混同される事を危惧してか、ローンに「○○○キャッシング」という商品名を付けてしまいました。その結果、カード初心者が却ってイメージを混同させてしまうという悪循環が起こっているのです。

また、消費者金融と提携したクレジットカードなどは、キャッシュカードとしての機能も兼ね備えており、しかも全てのお支払いがリボルビング払いとして処理されているのです。これではもはや、ややこしくなるばかりですよね。
(⇒会社によって異なる融資の形

結局のところ、どれも「融資を受ける」という点は確かに共通しておりますので、ホームページの案内をちゃんと読み、仕組みを理解する事。とにかく、これに尽きるでしょう。せめて、自分が申し込むカードだけでも、完全に理解しておきましょう。
(⇒カードでお金を借りる場合の基本的な仕組み

なぜクレジットカードローンは契約すると便利なのか

街中の買い物や金額の高いショッピングの際に利用すると便利なクレジットカードですが、その機能にはショッピングに使用した額をツケで支払う以外にも、使い道はあります。その使い道を最大限に利用すると、困った時に便利なカードへと早変わりするため、状況やお財布事情に合わせた使い道を選択する事ができます。

クレジットカードは購入した商品をカード払いにするだけで、支払いを済ます事ができる便利なカードです。カードの利用額に応じてポイントも貯める事ができるため、使えば使うほどお得なポイントカードとも言えます。特にお財布に小銭を入れて持ち歩きたくない人にとっては、スリムな財布を維持でき重くならないため、見た目も美しいです。カードの特典には、海外傷害保険が付いていたり、マイルが貯まったりと、生活をサポートしてくれる優れたカードと言えます。しかしクレジットカードには申し込み時に契約すると、とても便利な機能があります。

それがクレジットカードローンです。カードローンと言うと、消費者金融業者が行っている小口融資の借り入れを指しますが、クレジットカードローンはクレジットカードにローン機能が付随した機能になります。カードローンとの違いは、カードが別々にならず、1枚で全てをまかなえる点にあります。そのため、財布に入れるのは1枚のカードで済むし、申し込みも1ヵ所で済むため、面倒な手間も省くことができます。(参考ページはこちら→クレジットカードキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードローンが優秀な点は他にもあります。全国提携のATMから簡単に小口融資を利用できるため、借りたい時にすぐに借りられます。少額融資が可能なので、給料前やプレゼント代等、もう少し足りないと言う時に大活躍します。また大手クレジット会社が行っているため、信用して借りられる安心感もあります。カードローンが初めての人も簡単な手続きで契約できるのも魅力です。

クレジットカードローンは、ショッピングやまとまったお金が必要な時に大活躍するカードです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.