クレジットカードとカードローンの違い

キャッシングベスト3

クレジットカードとカードローンではどちらを持つべきか?

クレジットカードとカードローンの違いはなんでしょうか?よくわかりません。また自分の場合はどちらをもつべきなのでしょうか?自分は会社員で現在の会社に6年ぐらい勤務しています。今まで現金主義でカード類は一切持っていませんが、先輩からカードぐらい1枚持っとけと言われて考えています。確かに急に現金が必要になった時、無いと困りますし、纏まったお金が必要になった時、なんにもないんじゃ困るかなぐらいには考えるんですが、自分の場合はどちらを持った方が良いのでしょう。

用途・目的によってどちらを持つべきか変わってきます

いくらか共通点は有りますが、クレジットカードとカードローンは、性質的にも商品的にも全く違う物ですので、用途・目的によってはっきり分けて使うべきですね。まずはその内容から確認していきましょう。クレジットカードとは商品購入の先払いをしてくれる商品です。クレジットカード会社と最初に契約を結び、何か商品を購入する際に契約の金額内であれば、手元にお金が無くてもカード決済で支払いを済ませてくれるものです。対して、カードローンは個人向けに小口の融資をしてくれる商品です。

つまり契約した金額を貸してくれるという事ですね。そしてその契約金額内であれば、基本いつでもATMから現金引き出しができるというものです。というように、商品としては全く別の性質をもったものなんですね。質問者の場合は、今現在お金に困っていないという事と、手元に現金が無かった場合のカード決済が大きな目的となっていると思いますので、その場合はクレジットカードの契約の方が適当ではないでしょうか?クレジットカードが使える店舗は全国でも非常に増えていますし、できない所の方が逆に少ないくらいでしょう。

支払いの手間や、現金を持ち歩くというリスクが減りますし、非常に利便性が良いですよね。それに今のクレジットカードはキャッシング枠と言って、決まった額までは現金が引き出せるサービスも行っており、実質カードローンと同じ機能があるんですね。確かに有る程度まとまった金額が必要になったというような場合はカードローンを検討すべきでは有りますが、今すぐそういう状態では無いという事で、カード決済などの目的があるのであればクレジットカードの契約を考えるべきですね。
(⇒カードローンを使うならまずはこちらをチェック

クレジットカードとカードローンの大きな違いについて

クレジットカードとカードローンはとても大きく違います。最大の違いは現金を対象にしているのか、それとも違うもなのかということです。クレジットカードなどの場合は基本的に現金を対象としているサービスではありませんし、あくまでも商品を対象として活用することが出来る仕組みになっています。

現金が無くても商品を購入することが出来るということもあり、人気があります。現金を持ち歩くことが大きなリスクになる国などではクレジットカードは安全のためにも利用している人が多いです。日本国内ではまだまだ浸透していないと言えますが、最近ではコンビニなどでもクレジットカードを利用して買い物をする人も増えています。

カードローンの方は逆に現金を貸すという機能以外はないので、現金が必要という人には最適なサービスになっています。現金を貸してくれるということは、当然金利分を支払う必要性があります。どちらが便利なのかということは、目的によって大きく違うということが結論です。機能性が大きく違うということもあり、こうしたカードローンはとても多くの人に利用されるようになっています。それぞれに必要とされる魅力を備えているからです。

最近ではこうしたサービスが一体となっているカードもあります。利用用途に分けて使うことが出来るという面もありますしこうした二つのカードを使い分けているという人もいます。素晴らしいカードということもあり、有用性はとても高いものがあります。カードを持つということは、これからの世の中においてとても大事なポイントになっていくものです。
(⇒カードローンとクレジットカードをお得に使い分けるには

こうしたカードの価値はとても大きなものになっていることもあり、使い分けていくことでどんんどんと便利な生活を送るということも可能になります。こうしたサービスは消費というものを促進してくれるものであり、サービスの違いを正しく理解することはとても大きな価値があります。カードローンは現金を対象としてることだけが違います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.