カードローンとクレジットカードの違い

キャッシングベスト3

消費者金融のカードローンとクレジットカードの違いは何?

消費者金融を利用するのと、クレジットカードを作るのどちらにしようか迷っています。主にお金の利用用とは買い物なのですが、クレジットカードで買い物をするのと、消費者金融でお金を引き出して買うのでは、どちらが得になるのでしょうか?
(⇒クレジットカードとカードローンでお得なのはどちら?

買い物の頻度が高い場合はクレジットカードの方がいいです

クレジットカードと消費者金融の場合は、その性質が根本的に違います。クレジットカードというのは、まず商品を先に購入して、商品を売った店がカード会社に代金を請求し、そのあと、カード会社が契約者に購入した分のお金を請求するという形をとっています。そのため、先にほしいものを手に入れられるが、お金を後で払うという形式は同じであっても、その実、クレジットカードの方が販売店を介しているため少し複雑です。

一方消費者金融の場合は、あくまで買い物の際に購入するのは、消費者本人であって、消費者金融は介入するわけではありません。消費者金融からお金を借りた本人が買い物をするので、無限に買い物を出来るわけではありません。クレジットカードの場合は、手元にお金が1円もなくても、カード使用限界まで買い物ができますが、消費者金融を利用した場合は、あくまでお金をおろした分までしか買い物ができません。

さて、こうした特徴を考えた場合、便利に使えるのはクレジットカードの方だと考えられるでしょう。クレジットカードは、ほとんどに店で利用でき、かつ現金を持ち歩く必要がない上、必要があった場合、その都度お金を引き出すという手間をとることもないので、買い物が主な使い道の場合は、消費者金融で借りて使うより、クレジットカードを作成したほうがいいと考えられます。

2つの大きなカードローンクレジットカード違いについて

カードローンとクレジットカードは同じようにとらわれがちですが、違いがあります。カードローンクレジットカード違いについて、大きく2つ程度の違いがあります。

まずカードローンは、ATMやキャッシュディスペンサーなどで、予め決められた上限の範囲内で、お金の借り入れや返済などを何度でも行うことができるものです。カードローンは、ローンの中でもフリーローンのうちの1つで、住宅ローンやマイカーローンなどと違い、借りたお金の使途は限定されていません。その為、お金を借入自由に使用し、期限までに返済することが自由にできます。

一方のクレジットカードは、基本的には商品の支払い代金を立て替えで支払ってもらい、後日その代金を精算することを主目的としたカードです。クレジットカードは、お金を後払いとすることや現金の持ち歩きのリスク軽減を図ることを主目的として利用されています。また、支払で利用することによりポイントが付与され、還元されるといったサービスもあります。

クレジットカードにもキャッシング機能があり、現金を借りることができますが、クレジットカードとローンカードの最大の違いは、クレジットカードでは、そのカードを利用して買い物ができますが、カードローンでは買い物ができないということが最大の違いです。クレジットカードは、お店などで提示サインをすることでお金の支払に変えられますが、ローンカードではそれができません。ローンカードで買い物をする場合には、ATMなどでお金を借入、現金を手にした後でお店で買い物になります。

また、借入限度額にも違いがあります。一般的にクレジットカードでのキャッシングローンは50万円程度など低額となっている場合が多いですが、ローンカードでは100万円など高額な借り入れが可能です。但し、申し込み時の審査にて、年収などに応じて借入限度額は決められるため、一概には言えませんが、一般的にはその傾向があります。(参考ページはこちら→融資の限度額ってどう決まる?

【参考ページ】
クレジットカードとカードローンの違いについてさらに詳しく

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.