クレジットカードとカードローンの違い

キャッシングベスト3

クレカとカードローンの違いとはなんですか?

家族のことでお金が必要になりました。10万円程度お金を借りたいのですがどこで借りるのがいいと思いますか。現在、クレジットカードを2つ所持しているのですがクレジットカードのキャッシングは利用したことがありません。クレジットカードとカードローンに違いを教えてください

クレジットカードとカードローンは用途が違うと思います

お金を借りたいのでカードローンに申し込むべきか、クレジットカードのキャッシングを利用するべきかということですよね。クレジットカードとカードローンはそれぞれ用途が異なると思います。カードローンは本当にまとまったお金が必要な人が借入するところだと思います。クレジットカードはお金を借りるというよりはショッピング枠を利用して購入した商品の代金を立て替えてくれるものです。クレジットカードがあれば現金を持ち歩かなくていいという利便性もあります。お金を借りることが目的でクレジットカードを利用している人は少数だと思います。クレジットカードはカードローンに比べて金利が高かったり、返済方法が限定されているなどのデメリットもあります。

ただし、質問者様の場合は10万円と少額なのでもしもうすでにクレジットカードをお持ちであればそちらで借入してもとくに問題はないと思います。ただ、今までクレジットカードのキャッシングを利用したことがないのであればキャッシング枠がゼロに設定されている可能性は高いです。そうなるとキャッシング枠を10万円にするために再審査が必要になります。現在は総量規制という法律があるのでお金を借りるためには必ず審査が必要です。(参考ページはこちら→融資の審査に通る為に

もしも今後も何かと借入が必要になりそうだったり、金額が増えそうであればやはりカードローンをおすすめします。カードローンには銀行と消費者金融があって、銀行は金利が低いけど審査が厳しくなります。消費者金融との金利の差は銀行は15%台というのに対し、消費者金融は17%台ということ以外はあまりありません。むしろ消費者金融では無利息ローンなどもあって一定の期間無利息で借入できるのが魅力的です。ネット検索するとおすすめの借入先の情報がたくさんありますのでチェックしてみてください。自分に合った借入先をみつけると返済もスムーズにいくと思います。

そもそもクレカとカードローンの違いは何なのか

クレカとカードローンには同じところも多いのですが、基本的には違いがあります。前者は物を買うときに料金を立替払いしてもらうカードで、後者のカードはお金を借りるためのカードです。(参考ページはこちら→どちらのカードを作るか悩んだ場合に

それぞれの利用者が実際の支払いをするときのタイミングも異なります。クレジットカードは原則翌月一括払いで、カードローンでは毎月少しずつ分割払いをしていくのが普通です。しかし、この違いは少し曖昧なところもあって、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りても、翌月一括払いではなくて分割払いにすることができる場合もあります。逆にローンのほうでも、余裕があるときに一括で支払いを済ませることも可能です。

そもそも物やサービスを購入したときに立替払いをするのが基本機能のクレカに、お金を借りられるキャッシング機能が付いていることと、借りたお金の返済方法がいろいろと選べるようになってきたことが、両者の違いを曖昧にしてきている原因なのです。

どちらの場合でも個別の商品で異なる特徴があるものの、大雑把な違いがあることが多いのも確かです。例えば、カードローンがクレジットカードよりも有利な点のひとつは、年会費が不要なことです。もちろん年会費無料のクレジットカードもありますが、有料のものも多くあります。借りた金額や期間などによって単純にどちらが有利とは言い難いのですが、利息はカードローンで年率10から18パーセントなのに対して、クレジットカードでは18パーセントがかかります。また、予定通り返済が出来なかったときにかかる延滞利息は、前者が18から21パーセントかかるのに対して、クレジットカードでは29パーセントもかかってしまいます。
(⇒返済に遅れた場合のペナルティについて

クレジットカードの基本は物やサービスをカードで購入できることですが、利用したお店でクレジットカードが使えないこともあります。それに対してカードローンでは、お金を借りるわけで、現金払いができないということはまずありません。そうした意味ではクレジットカードよりも汎用性があって便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.