クレジットカード・カードローンの違いは

キャッシングベスト3

カードローンのメリット、クレジットカードのデメリットは

現在、ときどきクレジットカードをキャッシングで利用しています。メインはショッピングでの利用です。友人は現金の借り入れはカードローンで、ショッピングはクレジット―カードで使い分けています。カードローンのメリットとは、そしてクレジットカードのデメリットを知りたいと思います。

現金の借り入れでは、金利や返済方法でカードローンにメリット

カードローンとクレジットカード、それぞれ一長一短があります。どちらも長年利用している人にとって、まず最初に思い浮かぶのは、返済方法の違いではないでしょうか。

もともと、カードローンが分割払いでの返済を前提にしているのに対し、クレジットカードのキャッシングは、一括払いが主流でした。キャッシングということばには、分割払いを表す「ローン」が含まれておらず、一方のカードローンには含まれている、そんな違いもあります。

もっとも、クレジットカードも分割払いができるようになって、だいぶ経ちました。ATMで借り入れして、返済方法を選ぶとき、一括、リボ払いを選択する形ですね。そうやって長年クレジットカードのキャッシングを利用していて思うのは、もう少し金利が安くならないのかな、ということ。

基本的に、クレジットカードはショッピング利用がメインの使い方であるためか、キャッシングに関してはあまり金利面などでの優遇はしない方針のようです。それに対してカードローンは、各社とも、最低金利と最大金利(法定金利)の間で、融資額に応じて細かく金利が設定されており、どの会社を選べばいいか迷うほどです。

また、無利息期間が設定されていたり、余裕があるときに多めに返済してトータルの利息を減らせる支払い方法を用意しているところもあったりします。同じ現金を借り入れするという点では同じ、カードローンとキャッシングの違い、利用しやすさという面では、カードローンに一票入れる人が多いと思われます。

【参考ページ】
クレジットカードとカードローンを使い分けるコツ

カードローンのメリットとクレジットカードの違いについて

銀行などの金融機関が発行するカードを利用するローンが、カードローンです。(参考ページはこちら→カードローンの基本について

クレジットカードとの違いですが、簡単にいうとカードローンはお金を借りることができますが、商品のクレジット決済機能はありません。つまり商品の代金の決済機能があるかどうかが一番の大きな違いといえます。しかしクレジットカードにはキャッシング機能がついているものもありますし、枠内であれば自由にお金を借りることができるという点ではカードローンと似ています。
(⇒クレジットカードとカードローンの主な違い

しかし限度額がおさえられていると同時に、その金利もかなり割高な場合が多いです。よってこの二つのカードを利点を生かしてうまく使い分けることが、賢い活用方法といえます。なお審査に関しては、完全な無担保融資であって、個人の信用だけで借り入れ金額を設定しているカードローンの方が厳しくなります。

メリットとしては、申し込みが比較的簡単なことがあげられます。またインターネットバンキングを利用することで、仕事や育児で忙しく、金融期間に手続きに行く時間がとれない会社員や主婦の方でも申し込みが簡単に行えます。早ければ即日融資が受けられることも多く、パートやアルバイトの方でも利用することが可能です。審査が厳しい分、消費者金融よりも金利が低く設定されており、限度額も高くなっています。
(⇒カードローンは仕事に関わらず借りられる?

そしてカードをもっていれば、銀行のATMだけでなく、コンビニの提携ATMなどでいつでも借り入れや返済が可能です。また時間外手数料も無料です。そして金融機関が契約している保証会社が保証するので、保証人の必要がありません。保証人を探さなければいけないとなると労力が要りますから、この点からも手軽に利用できるといえます。また金融機関によっては、カードローン返済に指定した普通口座の預金残高が不足して、自動引き落としができなかった場合に、利用可能額の範囲で自動的に立て替えてくれる自動融資サービスなどもあります。

いづれにせよ返済日には充分な時間と金銭的余裕をもって、無理のない返済計画をたてて利用することが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.