クレジットカードの任意整理にはカードローンがいいの?

クレジットカードの任意整理を弁護士や司法書士に頼むとその後しばらくはお金が借りられないとききました。例えばカードローンにまとめるという形で自分で任意整理のようなことはできますか?
(⇒融資の審査で見られている部分

任意整理を頼むとしばらく借入は難しくなります

なぜなら新規で申し込んだ場合、信用情報機関に登録されている個人情報を取り寄せた場合、任意整理をしたという履歴が残るからです。

でもクレジットカードの残高を減らしたいという場合はカードローンを申し込み、その上限内で借入をして完済してしまうというのもひとつの選択肢ですよね。

ちなみに複数社からの借入がある場合、まとめるローンというのも銀行にはありますので、そういった用途のローン(おまとめローン)の取り扱いがある金融機関に相談して借入をして、今よりも低金利で返済していくのは自分の履歴にもマイナスが残らず効果的だと思います。

銀行などの金融機関の場合、総重量規制(年収の3分の1以上借りられないという規制)にはひっかかりませんので、申し込むローンの上限内でしっかり借り入れができます。

任意整理は自己破産前の救済措置なので、3年以内に返済をすることや安定した収入があることなど、いろいろな制限が出てきます。

それにより毎月の支払額が増えてしまって窮屈な生活をする結果となる場合もあるので、安易に任意整理を申し込まずに他の手段を検討するのをオススメします。

まずはローンを一本化し、金利が安い銀行などへの借り換えをする事が一番ですよね。自分の借入の残高を正しく理解し、しっかり返済ができることが一番大事です。

クレジットカードもカードローンも任意整理ですっきり解決できる

クレジットカードやカードローンなどを使ったことにより、いわゆる多重債務者になってしまったということであれば迷わず任意整理という選択をすることが大切です。任意整理はこうした多重債務を抱えてしまった人達のためにあると言える法律だからです。自力の返済を目指すという人もいますが、それはとても難しいです。複数ということになれば、それぞれの返済を確実に行っていくことが必要になります。

その他に生活費なども必要になるので、負担はとても大きなものになります。カードローンなどの負債で追い詰められてしまう前にきちんとした解決方法を行っていくことが大事です。任意整理を行うと基本的には利子などを凍結することが出来ます。つまり元本だけを支払うという形になっています。

ただし原則として3年以内に完済することが必要になるのでそれに合わせた返済計画を立てることが重要です。任意整理した後に完済してもある程度の期間は借金をすることが出来ないことになっています。借金をすることが出来ないのは同じことを繰り返させないようにする予防策のようなものです。自己破産などと違い様々な権利を一定期間行使することが出来ないということはないので安心です。

あくまで完済することを目指すための措置なので、キャッシング業者やクレジットカード会社にも迷惑をかけないで済むことになります。元本を返すだけで良いのはとても素晴らしいことです。もちろんこうした法律があるから大丈夫と思うのは大きな間違いです。この法律は救済策の1つとして作成されているものでありそもそもキャッシングサービスを計画的に利用している人であれば、こうした問題は起きないと言えます。

計画的に使うことの重要性を認識することはとても大切です。キャッシングは借金をするということであり返済するまで人のお金と同じ事です。こうした点を忘れないことがもっとも必要になります。意識を変えるだけで返済は出来ます。

【参考ページ】
融資の返済に遅れるとなってしまう状態

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.