カードローンには必ず所得証明書が必要ですか?

カードローンで借入をしたいと考えています。カードローンを申し込む際には必ず所得証明が必要なのでしょうか。所得証明はどこでもらえるのですか?会社に頼むのでしょうか?小さな会社なので取得の理由などを聞かれそうで煩わしいのですが、、、
(⇒カードローン申し込みで欠かせない書類とは?

所得証明は区役所や市役所でもらえます

カードローンを利用する際に必ず所得証明が必要とは限りません。一昔前はカードローンなどを組む際には保証人や所得証明が必要でしたが、より多くの人に手軽に利用してもらうために所得証明は借入額が50万円以下の場合は不要の場合が多いです。今はカードローンの最大のメリットはネットで申込んでその日のうちに借入できるという利便性なのでそれが所得証明を必要とするとなると躊躇してしまう人も出てくると思います。仕事が忙しいとなかなか平日に昼間に役所に書類を取りに行くというのもままならないでしょう。では、申告された所得をどのように審査しているのでしょうか。

おそらくカードローン審査で年収に関して大幅に虚偽の申告をする人は少ないと思います。審査で虚偽の申告をするとそれが嘘だとばれたときにはとても印象が悪くなります。また所得証明はなくても勤務先には必ず在籍確認を行います。勤務先の会社のことを調べればだいたいいくらぐらい給料をもらっているかなど予想できますので、ここで重要なのはきちんと働いていて定期的な収入があるということです。また現在は総量規制という法律があって借入は年収の1/3までしかできません。それ以上貸付を行うとカードローン会社の方が罰則を受けることになります。ですので、きちんと正確な年収を把握することは大切です。
(⇒職業によっては融資審査の対応も変わる?

通常借入額が50万円以下の場合は所得証明不要というのが多いのですがカードローン会社の中には100万円まで不要とか200万円まで不要というところもあります。有名なところでは楽天銀行のカードローンは200万円まで所得証明不要と宣伝しています。ただし、これは一定の条件を満たした場合なのでたとえば自営業や個人業主などは借入額が少額でも所得証明など年収を証明する書類が必要になります。

質問者様が普通の会社員で数10万円程度の借入を希望している場合にはあまり所得証明のことは心配しなくていいと思います。よい借入先がみつかるといいですね。

カードローンと所得証明書の関係性について

キャッシングやカードローンの利用を考えている人がたくさんいますが、この際にはいくつかの手続きを行う必要があります。したがってこれから利用を考えている人は、どの様な流れで手続きを行うのか、またどのような書類が必要なのかと言うことをしっかりと理解しておくようにします。

キャッシングやカードローンの利用をする際には、まずは申し込みを行う必要があります。そして申し込みを行った後には、金融機関から収入証明書の提出を求められることが多いです。収入証明書としては次のような種類があります。

それは源泉徴収票、確定申告書、給与明細書や賞与がある場合は賞与明細も、所得証明書、これらの書類のいずれかを用意しなければいけません。金融機関のホームページには、次のようなことが書かれています。これらのいずれの書類に関しても、年収や月収の金額が書かれている場合でないといけないと言うことが書かれています。(参考ページはこちら→融資審査ではやっぱり収入も大事?

しかし最近ではこれらの収入証明が必要でない金融機関も増えてきています。出来るだけたくさんの人に利用してもらえるように、利用者のニーズに応えているところも多くなってきているということです。

この収入証明書に関してですが、キャッシングやカードローンを申し込むときには、必ず提出しなければいけないのかというと、提出をしなくてもいい場合もあるようです。最近はインターネットで必要である火葬でないかということが書かれているので、簡単に自分で調べることも可能となっています。

銀行系の所を利用する際には、多くのところで収入証明が不要となっています。しかし中には条件があり、100万円などの一定の限度額を超える場合には提出が必要になっています。銀行系でないところは、基本的に収入証明が必要となっています。しかし中には借入総額が100万円を超える場合や50万円を超える場合など、条件が設けられているところもあります。

このように見てみると、銀行系であっても荘でなくても多くのところで収入証明書が必要であることがわかります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.