カードローンがありすぎて分からない!

キャッシングベスト3

カードローンのランキングってどこかにありますか?

カードローンを申し込みたいのですがランキングで教えてもらえるところはありますか?比較して選びたいのですが・・・
(⇒カードローンの基本的な比較対象

上位でも使用用途とマッチしなかったら有効的だとはいえません

カードローンを申し込む時に気をつけてほしいのが、そういった目的に合わせたローンを組むということです。

まず、カードローンを申し込むにあたり一番大事なのは他者からの借入がないことです。

もしも他のローンがあり、それを一本化してまとめるためにローンを組みたいのであればおまとめローンを申し込む必要があります。金利を安くしたいからと申請理由を偽ったとしても、信用情報機関にあなたの情報を請求すればそれが嘘だということはすぐにばれてしまいます。

カードローンには大きく分けて3つあります。

銀行などの金融機関の口座を利用して借り入れる銀行系。こちらは最初の審査は少し厳しいですが、金利は低いのが特徴です。

長期的にローンを借りる可能性がある場合はこの銀行系が一番ぴったりでしょう。

次に、スーパーやインターネットショッピングサイトなどが提供している流通系ですが、こちらは借入をするとポイントがついたり、そのカードを提示すれば値引きなどのサービスを受けることができたりします。

あくまで運営の会社によりますが、買い物が多い人には便利なカードです。

最後に消費者金融や信販会社が提供しているクレジットカードでは、借入はしやすいものの金利は高めに設定されています

銀行系のカードの審査がだめでもこちらでは借入ができるという場合もあります。

それぞれに特徴がありますので、自分に合ったカードローンを手に入れることが一番大切なのです。

カードローンで迷ったら、ランキングも参考に

急にお金が必要になった時等に、便利で頼れるのがカードローンです。一定の収入がある人であれば雇用形態問わず、審査を受ける事が可能で、審査をクリアした後は、自由に借り入れ、返済をしていく事が出来ます。(参考ページはこちら→どんな職業の人でもカードローンならOK?

ただ、実際に利用したいと考えた際、どこの業者を利用すれば良いかと迷う人も多いでしょう。カードローンを行っている業者は、大きく分けると、銀行と消費者金融に分かれます。利用するのであれば、名前をよく知っている有名な銀行が良いと考える人は少なくありません。

銀行の場合、利息が低い、総量規制の対象にならない為、限度額が高いなど、様々なメリットがありますが、その分、年収などの基準が高くなっており、年収が低い人は審査が通りにくいという面があります。それに対して、消費者金融の場合、総量規制の対象になる為、限度額は年収の最大1/3までという制限がかかりますが、年収等の基準は低く抑えられており、審査が通りやすいというメリットがあります。

ですから、現在の年収などを総合的に判断して、どこの審査を受けるかを決める事が大切です。ですが、とても多くの業者があり、どこが良いか悩む人も多いでしょう。そんな時は、ランキングなどを参考にするのがお勧めです。順位が良い程、必ずしも良い業者とは限りませんが、ランキングは業者の長所と短所が一目で分かるようにされているものも多く、迷った際に比較検討をする上では、参考になります。

そして、実際に比較検討をして、選んだ業者を利用したいと考えた際、あれば利用しておきたいのが、仮審査です。本格的な審査は、審査落ちをすれば信用情報に傷がつく可能性が出てきます。仮審査であれば、落ちても信用情報に傷がつく事がないので、まず今の状況を仮審査で確認しておく事がお勧めです。仮審査は通っても、本審査で落ちるという事はありますが、それでも直接審査を受けるよりも、信用情報に傷がつくリスクを軽減する事に繋がります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.