借金の返済期限を超えそうな時の対応方法

キャッシングベスト3

カードローンで返済期間を守れなさそうでやばい時はどうする?

カードローンを利用しているんですが、今度の返済期限までに、約束された支払額を用意できそうもありません。カードローン会社に連絡を取らないとまずいような気がしているんですが、どういった対処をするのが一番トラブルにならずに済みますか?できれば、個人情報に傷をつけたくないので、延滞行為にならずに済む方法があれば教えて欲しいです。
(⇒延滞扱いになるとどうなる?

返済が遅れそうな場合にやるべきなのは連絡と交渉です

まず一番重要なのは、返済が期日までにできないとわかった瞬間に、相手にその旨を伝えることと、期日の延長を交渉することが絶対にしなくてはいけないことになるということです。この二つは、やらないとより大きな問題に発展するので、実行しなければ利用者にとっては損にしかなりません。

消費者金融などの借入で返済できなくなった場合、それまでに任意返済をしていて残りを返しきれなくなった場合は延滞行為となり、それまで全く返済行為をしておらず、期日を過ぎた場合は滞納行為になります。より重大なのは滞納行為なので、返済ができないとわかった時点で、できるだけ多く任意返済で返しておくことが定石です。これが、交渉の第1段階です。これをしていないと、その相手に要求することさえ厳しくなります。

できるだけ借金の額を減らしたら、交渉の第2段階に移行します。直接消費者金融に連絡をして、返済ができないことの連絡と、期日をのばしてもらえないかを交渉します。延長できる期日は多くの場合長くて1週間から10日ほどです。この間に、残りの額を返済することができるかどうか判断します。可能であれば、その間に返済して終わりになります。相手によって、こういったちょっとした延滞であれば、事故情報とせずに延滞行為として見られずに済むケースがあります。

カードローンは実際のところ本当にやばいのか

カードローンをする事に抵抗のある人は結構多いと思いますが、実際のところ本当にやばいのでしょうか

決してそんなことはありません。実はカードを持つ事で、より大人としての知識と教養を自然と身に付けて行く事ができます。それは何故か。答えは簡単です。

まずは自分の収入と支出をよく考え始める。自分にはどれだけ使えるお金があって、これ以上使ったら生活できなくなるという基本的な事を考えるようになるからです。ただ単にカードを持っているだけで生活できるのならば、カードを持っている事に全く意味がありません。まずは自分がどのくらいまで使う事ができるのかを思い切って確かめてみてはいかがでしょう。そうすれば、自分の生活を見直す機会にもなるし、より自分に合った安定した生活というものが見えてきます。自分の許容範囲を一から見直してみる事は社会人として大人として、基本中の基本です。
(⇒計画性は融資利用で欠かせません

特に自分の給料がどれだけなのかも知らない若い世代の人は、一度は試してみたらどうでしょうか。カードの利便性とお得な部分を理解した上で、大人の買い物や、自分のステータスアップを試してみてはいかがでしょうか。よく返済ができなくてどうしようもなくなっている人の話を聞きますが、普通の会社に勤めている会社員であれば3、400万程度の金額ならあっという間に返済が可能です。一度そういった状況に陥って、また自分の金銭感覚を改めるという行程が、今後の自分にどれだけ役に立つ事か。

自分の生活を見直す事ができ、自分に見合った金銭感覚を早い時期に習得していれば、結婚生活から老後までを見越した人生設計という事も考えやすくなってきます。自ずと身に付くものであって、そして一度身に付けば後は安定した生活を自分でコントロールしていけるのです。ただ一つ忘れてはいけないのが借りたお金は必ず返す。ということです。当たり前ですね。この法則さえ間違わなければカードローンは必ずあなたに大人としての知識とステータスを与えてくれます。まずはドーンと豪快に使ってみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.