低額の銀行カードローンを利用するリスク

キャッシングベスト3

銀行カードローンで10万程度の借入でも起こる危険性とは?

銀行のカードローンでごく小額の借入であっても、金融トラブルになるケースがあると聞きました。10万円ほどしか借りていないのに、裁判沙汰にまで発展するケースというのもあると聞きました。銀行の借り入れであってもこうした問題になるのは、どういった事例なんですか?
(⇒カードローンを使うなら気をつけておきたい事

銀行の遅延損害金の問題になります

銀行の小額の借入の場合、多くの利用者は、返済を短期間で完了するので問題になることは少ないです。そのため、10万円程度の借り入れの場合問題になるのは、滞納をした問に発生する遅延損害金の問題と利息が膨れ上がり、返済額が大きくなりすぎたケースになります。

遅延損害金とは、返済期日を過ぎたにも関わらず、指定された金額を返済できていない時に発生するもので、元金に対して一定の追加金利を取るといったものです。これは、最初に銀行に提示された本来の金利に比べて倍近く高く、例えば10万円の借り入れをして、1円も返さずに3ヶ月たった場合、遅延損害金の額は、約5000円になります。これは利息とは別に払わなくてはいけないので利用者にとってはただ損をするだけのものです。

遅延損害金の利率ですが、基本的に年利20%の設定されています。これは借入金額がいくらでも同じです。そのため、借入金額が大きく、返済が長期化した場合かなり注意しなくてはいけないものになります。この遅延損害金ははどれだけ多くなっても法的には違法にならず、過払い員に分類されないので銀行相手に裁判になっても、契約者に勝ち目はありません。そのため、返済額は少なくても、返済をせずにいると、あっという間に額が膨れ上がるということを知っておかなくてはいけません。
(⇒融資の延滞を避ける為に

銀行系カードローンで10万程度と思って借り始めるのは危険

最近は銀行系でも気軽にお金が借りられるカードローンの宣伝が盛んになり、罪悪感なしで借金ができるようになりました。いざというときのために、思わぬ出費のために、といううたい文句は確かに上手な勧誘ではありますが、借金してまですべきことは意外と少ないものです。
(⇒カードローンの基本的な使い方に関して

車のローンなどはカードローンよりカーローンのほうが目的がはっきりしている融資の金利は安いはずです。また労金や信金などのような非営利団体の金融機関のカードローンのほうが金利が安いということもあります。このような銀行はネットの比較にはほとんど登場しませんが、どこで借りるかはしっかり比較検討するほうがいいです。
(⇒低金利な融資は上手く活用しよう

しかし、どちらにしても、銀行口座があってインターネットから簡単即日審査が通れば、どこにも出向かなくても即日ローンの契約ができてしまいます。そうすると簡単にお金が引き出せます。まるで自分の通帳からお金を下すような感覚でコンビニATMを利用してカードでお金が出せるのです。一度この道筋ができてしまうと、足りなくなったら借りるということに抵抗感や違和感がなくなり、慣れてしまいます。カードローン加入のキャンペーンに1か月は金利無料とありますが、これもカード契約させるためのサービスですから、本当に得かどうかしっかり考えることが大事です。

たかが10万程度のつもりで借りて難なく返金できたら、これくらいなら問題なく返せるのだという自信になります。これはもしかしたら危険な感覚なのかもしれませんから、お金のやりくりはしっかり計画的に管理する必要があります。もし、簡単に契約できたからといって2枚目のカードローンを契約してしまったら、借金は倍増できる環境に自分を置くことになります。借りたお金は返金する必要があるのですから、無謀な借金は危険です。基本的には借金はしないほうがいいに決まっていますし、困らないように貯畜しておくに限ります。どうしてもの出費は病気にでもならない限り滅多にありません。

【こちらも参考に】
銀行も含めたカードローン会社の特徴

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.