銀行のカードローンに危険性はないよね?

キャッシングベスト3

銀行のカードローンに危険性はありませんよね?

カードローンの中でも銀行のカードローンは安心ですよね。銀行カードローンでも危険性があったりするんですか。(参考ページはこちら→カードローンの気になる危険性

初めてカードローンを利用しようって思ってるので不安点はできるだけ少ない方がいいんです。教えてください。

銀行カードローンは返済できなければ後で支障が出る事も

銀行のカードローンは消費者金融を利用するよりも利用者にとって安心感があるのは事実です。消費者金融に比べてクリアなイメージがあって多くの利用者がいるため、不安になるようなことな少ないからでしょう。ですが、銀行カードローンが必ずしも安心安全かというとそういえないこともあります。銀行のカードローンは利用するときは低金利で総量規制対象外で便利、お得なものですが、しっかり返済できないと後で支障が出ることがあるんです。

銀行のカードローンも利用すれば毎月の返済が始まるのは同じです。この毎月の返済が遅れるようなことが合ったり、完済できずに自己破産してしまう、自己破産までいかなくても任意整理をする事態になってしまう、この場合ブラックリストに登録されるだけではありません。ブラックリストの登録自体は5年経過すれば削除されますので時間がたつのを待てばいいだけなのですが、銀行自体のデータが削除されるわけではありません。一度問題を起こしてしまえば、ブラックリストかどうかに関わらずその銀行のローンの利用は出来なくなると覚悟する必要があるんです。

銀行のローンが利用できないと困ること、結構あるかと思います。住宅ローンや教育ローン、フリーローンもありますからね。他の銀行であれば利用出来る可能性はありますが、利用を検討する上で選択肢から1つの銀行を外さなければいけない、ということは認識しておくべきことでしょう。
(⇒その他と違うカードローンの特徴とは?

【参考ページ】
カードローンの危険性を回避するために

低金利が売りの銀行カードローンに潜む危険性とは

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、審査さえ通ってしまえば収入に関係なく借入額をアップしたり、大きな契約をすることが可能となっています。消費者金融系のカードの場合は、どんなに大きな契約をしても収入の3分の1以上借り入れをすることはできないので、逆を言えばそれ以上の借金に膨らむことはありません。また、大きい借り入れをする場合は収入証明の提出が義務づけられています
(⇒カードローンの審査に通る為にまず必要な事

銀行のカードローンは消費者金融系のカードより金利も低く設定されていることが多いので、その分安心して利用することができるのですが、その低い金利や借入可能額の多さから、最終的に金利を含めて返済した場合の総額は大きくなってしまう可能性があります。カードローンで他社の借り入れをまとめる場合は、最終的に払う金額がどのようになるか計算してから申し込むことが大切です。また、借入可能額を自分の持っている貯蓄額と勘違いして扱ってしまう人もいるので、自分の返済能力を超えた借り入れをしてしまうリスクがあります。いくら金利が低く設定されていても、借入額が多いと支払う金利の額も高くなってしまいます。

特に年収にばらつきがある人は収入が多いときにカードを作ってしまえば、大きな金額で契約をすることができるのですが、収入が減ったときにもそのままの契約金額で持っていた場合、返済能力を超えた借り入れに膨らんでしまう危険性があります。

カードローンはいつでも好きなときに借り入れをすることができますので、少し返してはまた借りるということを繰り返して、常に利用額が上限ギリギリあたりのままの方もいらっしゃいます。また利用先も銀行だけでなく、コンビニのATMで気軽に出せてしまう利便性が、逆に借金だという認識を薄くしてしまっているもも事実です。

カードローンは資金の使途も自由ですので、上手に使えばとても便利なカードなのですが、自分の収入に見合った利用を心がけ、借金をしているという認識を忘れないことが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.