クレジットカードよりカードローンは危険?

キャッシングベスト3

クレジットカードに比べて、カードローンって危険?

お金の借り入れに対して、妻が慎重すぎる性格で、あまりしょっちゅうは利用できない状況です。それでもときどきは必要なこともあります。仕事のつきあいとか、長年の友人と会うときとか。いつもはクレジットカードを使ってますが、カードローンのほうが便利じゃないかと最近思うようになりました。危険性はないでしょうか。
(⇒カードローンとクレジットカードは違うの?

通常カードローンが融資額多いが、どちらも使い方には注意が必要

クレジットカードもカードローンも、どちらも「カード」を発行して、手元に置き、必要なときに利用する形になります。利用はたいていATMを使います。デパートやショッピングモールで、あるいは夜の飲み会の直前、財布の中身が少ないというのに気づき、ATMへ駈け込んで・・・という体験のある人は多いのではないでしょうか。
(⇒カード発行の為にどうしても欠かせない事

基本的には、一時的に現金をお財布に補充して、必要なことに使い、後日返済していく形になります。クレジット、カードローン、どちらにしても、このあくまでも緊急の用件でお金を借り入れして、後でそれを返済するという意識が大切です。銀行のキャッシュカードでの出金に似ているため、何度も利用しているうちに、どこかに預けてあるお金を引き落している感覚になると危険で、多重債務への道が待っています。(参考ページはこちら→多重債務の危険性

こうした使いすぎを防ぐために、融資限度額が定まっています。ある一定の収入(年収)のひとは、これくらいまで融資できる、という決まりです。この限度額はクレジットカードとカードローンで、少し違う場合があります。カードローンで限度50万円の人は、クレジットカードのショッピングで30万円、キャッシングで20万円、と分散されている場合があります。

こういう違いでいえば、キャッシングの限度額が少ないクレジットカードのほうが安全といえるかもしれませんが、いずれにしても使う人の心がまえのほうが重要です。また、原則的にキャッシングが一括払いでカードローンが分割で、という支払方法の違いもあるので、自分の性格や利用の仕方を考えて選んでみてください。

本当にカードローンって危険?なのでしょうか

カードローンは、金融機関への申込から行われるカードからの借り入れ金のことです。それは手軽で便利にネットや携帯から申し込む事が出来ますから近年特に身近になったカードローンですが、本当にカードローンって危険?ではないのかと言う問題があります。それは気軽だからこそ、計画的な返済を行わなければ支払いの滞納や自己破産という現実にあうのです。
(⇒カードローンが使える金融機関にはどんなところがある?

それは高金利のカードローンの借り入れや計画な返済を行わなければ、生じる問題でもあるのです。つまりカードローンは危険?と思うのであれば、借り入れをする前に返済が可能かの計画をすることが大切だと言う事です。そこから完済までのシュミレーション支払いが現実になるのです。また低金利の金融機関をさがして、支払いの負担である利息の軽減を行う事です。それは信頼ある金融機関の利用から安心したカードローンが実現することなのです。

それでもカードローンは、便利なお金の引き出しが可能になりますから借入れ過ぎが生じる事は事実です。ですからカードローンって危険?と言う問い合わせには、そう言う場合もあると言う答えが出てきますが、それは借りる人のカードローンに対する認識や返済方法の選択から変わってきます。つまり返済意思のある人には、カードローンって危険?と言う問いかけは、まったく危険ではないのです。

そのカードローンが危険でない為に返済計画と完済までの支払いの方法を行う事ですが、そうは言っても素敵な欲しい商品があふれている現在です。欲しい物を見つけた時や突然の出費がある場合には、賢く借り入れを行う事です。それには金利の比較や返済計画の相談を行ってくれる金融機関が理想です。その借入れ条件の良い金融機関を見つける事から始める事です。

それでも急な出費や給料前、長く欲しい商品が見つかった時等には、便利にお金の引き出しから利用が出来るカードローンです。それは生活の心強い味方になります。その為にカードローンを上手に役に立てる方法から返済の計画を常に行なえばカードローンは、生活の味方になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.