カードローンに罠があるってどういう事

キャッシングベスト3

カードローンに罠があるってどういう事ですか?

カードローンを使うことに罠があるって聞いたことがあります。カードローンを使うことは危険なんですか

なんか便利だって聞いたから安心できるなら使ってみたいと思ってたんですが。

カードローンはちゃんと選べば安心です

カードローンは保証人をたてる必要がない、担保も不要でお金を好きなときに借りることが出来るという点でとても便利なものです。お金を誰かに借りるのは大変ですが、カードローンは一度契約さえできれば契約期間内の借入が自由だから知り合いにお金を借りるより断然利用しやすいものなんですね。契約さえできれば利用するために気兼ねする必要がないんです。

ただ、そんな便利なカードローンにも罠があるというのも事実です。カードローンの罠というのは、まずヤミ金の存在が挙げられるでしょう。ヤミ金もカードローンを取り扱って利用者を募ってるんです。カードローンの便利さ、そして審査の甘さを武器に違法な金利で貸し付け、強硬な取り立てをして利用者を困らせます。カードローン会社にはヤミ金も紛れていることは知っておかなければいけません。
(⇒きちんとした審査を受けないと融資は不可能です

あとは、カードローンの便利さ自体が罠だとも言えます。きちんと使えば問題ないカードローンも、頻繁に不必要に借入を繰り返すことで返済が厳しくなってきます。利用方法が手軽なだけに、気づけば借金難に陥ってしまう可能性があるという点は罠であると言えるかもしれません。いずれにしても、自分で気を付けることができる部分ですからしっかり注意しておきましょう。

「罠なんてない」カードローンの安全性とメリット

カードを使って決められた限度額までお金を引き出すことができる、これがカードローンの実態です。お金を借りるキャッシングなどとは違って、自分の好きな時に好きなだけ借りられることができる、これがメリットの1つです。

通常、お金を1度借りると再び融資してもらう際には審査を受ける必要が有ることもあります。そうなると、1度に少しずつ借りるということが出来ないのでまとまった金額を借りることになります。まとまった金額を手にすることによっていくつかのリスクが生まれるのも事実です。

・必要以上のお金を借りてしまって、その安心感から使いすぎてしまう
・返済の金利負担が増えすぎて、返済の目処が立たなくなってしまう

と言った点です。しかしカードローンであればこうした心配は一切ないのです。

・常に必要な分だけお金を借りることができるので“借りすぎる”ことがない
・限度額が増えるまでは借りられるお金にも制限があるので、金利なども変化しない(参考ページはこちら→限度額が増える法則

このように、安心しながら使えるような様々な仕組みが幾つもあるのです。よくこのようにお金を借りることに関しては罠があるのでは、と不安になる人もいますが、実際のところは非常に安心できるサービスです。

というのも法改正により、貸金業というのは以前よりもかなり厳しく取り締まられるようになりました。そのため督促などにも多くの制限がかかり、家や会社を訪れて恫喝したり執拗に取り立てた場合には、貸したほうが有罪とされる場合もあります。

そもそもお金を貸した・借りたという情報は当人同士でしかやりとりされないものです。もしも借りた本人以外に情報を漏洩してしまうと、法律違反になってペナルティを課されてしまうからです。実のところ、家族や友人など親しい間柄で金銭の貸し借りをするほうが危険なのです。

法律に守られて一定のルールを守りながらお金を借りて返済するというのは、正しく使うことさえできれば何の問題もないことなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.