カードローンを作るに当たって準備するものは何ですか?

カードローンの契約をしたいのですが、準備しなければいけないものは何ですか?金額的には20万円くらいで考えているのですが、初めてのカードローンなのでいろいろとわからない事が有ります。例えば、たくさんある中でもどこが良いのかとか、カードローンの契約をする際に準備しなければいけないもの、また借りれる金額などはいつ決まるのかなどです。

身分証明や所得証明などが必要になります

カードローンを検討されているのであれば、その内容・仕組みを理解しておくべきです。まずカードローンは営利目的の会社から借金をする事になりますので、利子を払う必要が有ります。その利子は年間で元金の何%と決められ、その分は余分に支払う訳ですが、この金利は会社によって違うので、より低い金利の所と契約する方があなたの得になります。調べる際はそこも良く見るべきです。金融会社は消費者金融系と銀行系の会社に分かれますが、一般的には消費者金融系はサービス・対応が良く、審査が通りやすく、銀行系は金利が低い、という特徴が有ります。

契約するに当たっては申し込みをし、審査を受ける必要が有り、この審査を通らなければ契約できません。審査というは会社側が契約対象者にお金を貸しても大丈夫かどうか調査し、判断する事です。ですからその審査を受ける際に、ご自身の個人情報となる、身分証明書(免許証・保険証)や所得証明書・住所の証明となるものが必要となりますので、その書類を準備する必要が有ります。また審査の際には在籍確認といって、会社に本当に在籍しているかどうかの確認連絡が入ります。その審査が通ってから契約手続きがはじまります。

借りられる金額は審査時に決まりますが、基本はこちらから希望金額を言って、その金額を借りられるかどうか返事を頂く形です。金額決まるれば、返済をどのくらいの期間でしていき、利子も含めて毎月いくらづつ支払いをしていくかをシュミレーションして決めます。後は契約手続きの書類記入、押印などを行い終了です。押印は会社によって違いますが認印でOKの所が多いので準備をしておきましょう。これが一連の流れです。特に返済の期間、月間の支払い額などは無理の無いようにしっかりと計画して決めてからにしましょう。

カードローンは誰でも作ることができます

カードローンは、アルバイトやフリーターの方、主婦の方でも安定した収入があれば誰でも作ることのできる便利な個人向けローンの事をいいます

そんなカードローンですが、作りたいけど履歴が就職等に影響するのではないかと心配する方もいます。ですが、キャッシング履歴が信用情報に残るということはありません。ですので、安心して下さい。むしろ、きちんと返済していれば自己管理をしっかりしているということでプラスになる場合もあります。

カードローンを使うメリットは、資金使途が限定されていないので、どのような事にでも使うことができるということです。ですので、急に飲み会等で給料日前なのにお金が必要になってしまったという時でも、安心して使うことができます。

24時間365日、コンビニATM等でいつでも貸し借りができるので、非常に便利です。その店の店舗まで行かなければならなかった時よりも、今は身近で便利な存在になっています。

申し込みも、パソコンや携帯があればいつでもイインターネットでホームページからすることができます。申し込み方法も簡単なので、誰でもできるのが嬉しいです。(参考ページはこちら→カードローンの申し込みが簡単と言われる理由

無担保型ですので、借りる時に担保や保証人を探す必要はありません。他に人に借りていることがわかることももちろんありません。各社とも、個人情報の管理対策はしっかりしているので大丈夫です。

短期返済なら非常にお得で、利息はほとんどかかりません。会社によっては、短期返済なら利息がないところもあります。

返済方法は、分割や給料日の後に一括で払う等方法がたくさんあるので、自分にあった方法で返せるのが嬉しいです。初めて借りる方で、不安な方は借りる会社の方に相談すれば、無理の無い返済計画を一緒に考えてくれます。ですので、不安なく借りることができます。

一度返済方法が分かれば、次からどのくらい借りればいいか、どう返せばいいのかがわかりますので、使いこなすことができるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.