事前審査での記載忘れはやっぱりだめ?

キャッシングベスト3

事前審査でカードローンの記載忘れがあったらどうなる?

カードローンを申し込んだのですが、返済が完了したと思っていたローンの残高がまだありました。悪気はなかったのですが書き忘れてしまった場合、どうなるのでしょうか?

申込用紙には正確な内容を記入する必要があります

あなたは記載忘れですが意図的に他の借入を隠そうとする人もいるので、カード会社は記載された内容に偽りがないかを信用情報機関にも情報請求をして客観的にも判断します

日本国内でカードローンや消費者金融から借入をした場合、信用情報機関に遅延や借入状況など細かく登録されます。

延滞なく毎月きちんと返済している人にとってはなんら問題ないのですが、万が一過去に金融事故(遅延や滞納)などをしてしまった場合はカード会社もこの信用情報を頼りに審査しますので、カードの申し込み時に嘘を書いたら自分自身の信頼を失うだけなので何事もそうですが虚偽の申告はしないようにしましょう。

今回記載忘れということで悪意はなかったにしても、気づいた段階でカード会社に連絡して書き直しや差し替えが可能かどうか確認し、訂正できるうちに訂正しましょう。

事前審査では年収や毎月安定した収入があるかどうか、他社からの借り入れがあるか、あるとしたらその残高など結果として本人に貸し付けたお金の返済能力があるかを判断します。もしかしたら他社からの借入がある場合、残高によりますが難しくなる場合があります。

ひとつひとつ確実に返済していくのも大事ですが、なにより残高をしっかり把握して今後は同じミスをしないことが大切です。

事前審査では他社でのカードローン記載忘れなどをしないように

カードローンは、必要な時に必要なだけのお金を、利用限度額を超えない範囲で借り入れできるというものです。たとえば利用限度額が20万円の場合は、トータルが20万円を超えなければ、何度でも小分けに借り入れができるのです。

3万円足りない時は3万円、10万円必要な時は10万円など、何円ずつ借り入れするかは自由です。コンビニエンスストアのATMを使えば、基本的に24時間いつでも利用できます。このようにカードローンは、気軽に借り入れできる点がおすすめの金融サービスです。

ただし利用する前に、審査を受けることが必要です。審査とは、返済能力があるかどうかをチェックするためのものです。借り入れしたお金を返済できる経済的な力のある人だけが、カードローンの利用を認められるのです。

審査を受けるためには、申し込み用紙に記入して、必要書類を用意して、あわせて提出しなければなりません。手間がかかるので、まずは簡単な事前審査を受けて、自分が審査に通る可能性が高いかどうかを確認しておくことをおすすめします。

事前審査は、多くの場合はインターネットで受けることができます。年齢や年収、現在借り入れしている金額などを入力するだけで、その場で結果が出ます。そしてその結果を見て、本審査を通過できそうなら、改めて正式に申し込みをすれば良いのです。

ただしこの事前審査で入力した内容に間違いがあった場合は、つまり本審査で出す情報と異なっていた場合は、通過できなくなる可能性があります。たとえば他社でのカードローン記載忘れなどです。経済的な余裕をチェックするための審査なので、他社から何円借り入れをしているのかは、かなり重要な情報です。決して忘れないように気をつけることをおすすめします。

本審査は、事前審査の内容を書類から確認するためのものです。したがって事前審査で正確な情報を出して、その内容で通過できた場合は、本審査もまた高確率で通過できるのです。そうなって初めて、便利なカードローンを利用できるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.