審査のゆるいカードローン会社はどうやって探したらいいの?

審査の緩いカードローン会社にお金を借りたいと考えています。金利を考えたら、銀行などのある程度審査が厳しいところを利用したほうがいいんでしょうが、あいにく収入などの返済能力に自信がないので、とにかく借りやすい場所を最優先で選びたいのです。審査の緩いカードローン会社を素早く見つけるにはどうすればいいですか?
(⇒低金利を優先するならこちら

中小の消費者金融を中心にインターネットで検索することです

最も審査が緩いとされる借り入れ先は、中小の消費者金融です。しかし、中小の消費者金融は、足で直接探すとしても見つかりづらく、また、悪徳金融との区別がつかない分野でもあります。そういった面を考慮して、情報の多いインターネットで客観性・確実性の高い対象を調べることが適切です。
(⇒消費者金融はたくさん存在しているので注意して見分けよう

大手の消費者金融と中小の消費者金融の違いは、審査の難易度です。基本的には無職や非正規雇用に対してより寛容な対応ができるのが中小の消費者金融です。しかし、インターネットで中小の消費者金融を探す場合、情報が極端に少ないか、もしくは情報の信憑性が得られにくいケースが多く、上手く検索することが重要です。

こうした面からインターネットは不便な面もありますが、素早く探す必要があるとなった場合、やはりインターネットの存在は欠かせないでしょう。返済能力に自信がないとのことですが、たとえ非正規雇用であっても、継続的な収入さえあれば大半の消費者金融で受け入れられます。大手の消費者金融であれば、店舗を直接探したほうがいいでしょう。

カードローンを作る際に審査がゆるいところ

ローンとはどういったものでしょうか。元来、ローンという言葉には、「何かを貸し出す」といった意味があるようです。現代において、人が生活するのに必要なモノの中で、最も重要なモノのひとつに挙げられるのがお金です。そういったことから、貸し出すという意味でのローンという言葉が、お金に結び付けられたというのは、自然な流れなのでしょう。
(⇒良くあるローンの形の一つについて

この、主にお金を貸し出すという意味合いが強いローンという言葉ですが、では、どういった場面で使われるのでしょうか。例えば、住宅ローンという言葉があります。これは、住宅といったモノは、購入するとなると非常に高額です。スーパーなどで、食料品を買うようにはなかなか購入できません。そういったことから、購入者が月々一定のお金をローンとして借り受け、それを住宅の購入費用を分割払いするような形で支払うのです。他にも、自動車などといった、やはり高額のモノに、ローンという形で支払うことがあります。

では、お金を貸すというローンは、どういった形で貸し出すのでしょうか。最も一般的なモノとされているのは、カードローンです。例えば、銀行のような金融機関で口座を作ると、現在はたいていキャッシュカードといモノが付いてきます。このカードは、現金自動預け払い機、通称ATMと呼ばれる機械で、自分の銀行口座を管理するために使用するものです。このATMとカードを使用して、銀行からローンのサービスを受けることができます。

このカードローンですが、ローンのサービスを利用する前に、貸し付けられるかどうかの審査を受ける必要があります。貸し付けを行う金融機関によって、審査の基準はさまざまです。審査が厳しいところもあれば、ゆるいところもあります。ゆるいところはどういったところでしょうか。それは、大手の銀行関係のようです。元々、銀行はカードローンは本業ではないため、本業の消費者金融と組みこのカードローンのサービスを提供しています。なので、業務の中身は消費者金融に丸投げするような形で、銀行側はとにかく利用者を増やすことを目的にしているようです。そういったことから、審査があまいという見方になっています。簡単に借りることのできるカードローン。いざというときには便利なモノです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.