審査が緩い銀行カードローンの特徴とは

キャッシングベスト3

銀行カードローンでも審査がゆるいところは何が違うのか

借り入れの時に、審査が厳しいと言われるのが銀行のカードローンだと思います。でも、銀行のカードローンでも場所によって、審査が非常に厳しかったり、そうでもないといったようにムラがあることが多いみたいです。私としては、できるだけ審査が簡単なところで申し込みをしたいのですが、銀行によって審査が緩いところがあるのはなんでですか?(参考ページはこちら→借りやすいカードローンとは何か

ムラがあるのはカードローンが得意分野か否か分かれるからです

銀行によって、得意な金融商品と苦手な金融商品があります。例えば、住宅ローンが得意な銀行はカードローンにそれほど力を入れていなかったり、反対にカードローンが得意な銀行は、定期預金の利率が低かったりと、それぞれ銀行によって特色があります。言うまでもなく、銀行にとって一番の目的は利益を上げることです。それには自分の銀行が最も得意とする分野に力を入れるのが最も効率が良くなる選択になります。

カードローンの審査が甘いということは、多くの人にカードローンを利用してもらいたいと銀行が考えているということであり、その銀行はカードローン事業が得意分野であるということがわかります。銀行でも金利にそれほど差がなくても、審査の厳しさでかなりの差があるケースでは、基本的に、審査の甘いところを利用するのが、私たち利用者にとっては得な選択になります。審査が緩いからといって、なにか不利益を被るのではないかと考えている人もいますが、異なる企業体ならともかく、同じ銀行での比較では、単純に金利差も少なく、利便性や審査の速さもあまり変わらないので、素直に審査が簡単なほうを選ぶのがいいでしょう。
(⇒どんなに簡単な融資審査でも見るべきところはきちっとしています

銀行系カードローンで審査がゆるい三社について

銀行系のカードローンというと、一般的な消費者金融系のカードローンに比べると審査が厳しいというように思われがちです。確かに実際に審査が厳しかったり、フリーターや主婦、派遣社員の方はローンの融資が受けられないと行った事が多々あるのですが、逆に審査がゆるい所もいくつかあるのも事実です。今回はそういった審査がゆるい銀行を3社紹介します。
(⇒仕事と融資審査はそんなに深く関わっているのか?

まず一つ目は某英語三文字の大手銀行です。こちらのカードローンには2つの種類があります。まずはバンクイックというローンで、こちらのローンは急な出費に対応できるローンで、限度額にゆとりがあることが大きな特徴になっています。もう一つはマイカードプラスというローンの種類です。こちらのローンは電気やガスなどの公共料金の引き落としが残高不足でできない場合に自動で立て替えてくれることが特徴のローンで、新しくカードを作るのではなくて、現在持っているキャッシュカードにクレジット機能を追加させるといったものです。

銀の右傾で審査がゆるい3社。次は、某星銀行です。こちらのカードローンも以下の2種類が用意されています。まずはスター・カードローンというローンです。これはパート・アルバイト・主婦派遣社員の人でも申し込みが可能なローンで、金利は年4・5パーセント~14・6パーセントに設定されています。申し込みをした後、県下は最短で即日に回答が得られ、ローン口座を持っている場合は即日で融資を受ける事が可能です。次はバンクベストです。こちらはインターネットで申し込み手続きが行えることが最大の特徴になっています。
(⇒その日にお金を借りる方法について

最後は某野球チームと同じ社名の銀行です。こちらのローンにはたくさんの特徴がありますが、一番の特徴は利用可能なATMが全国に約8000台設置されていることです。ATMの設置台数が多いということは、ローンの返済がとてもやりやすい、つまり、利用しやすいローンだということです。ローンの借入を考えている方H一度参考にしてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.