審査緩い所ありますか?カードローンについて知りたい!

過去に延滞や踏み倒しをしたことはないのですが、無職の期間などがありカードローンの審査が不安です。審査緩いカードローンであればアルバイトの僕でも大丈夫でしょうか?

現在は毎月収入があればアルバイトでも大丈夫です

過去に金融事故(遅延や踏み倒しなど)がなく、現在も他からの借入がなければ大丈夫でしょう。

カードローン審査では本人の返済能力があるかないかを見られるので、延滞をしたことがなければたとえ過去に借入や無収入の期間があったとしても大丈夫と判断されます。

ローンの申込用紙には偽り無く記入し、収入などもありのままを記入しましょう。

最近ではアルバイトやパート、主婦でもローンが通ります。銀行系のカードローンは金融機関が提供しているので、審査は少し厳しくなりますが他と大差があるかというとそこまで変わりません。

ショッピングモールやインターネットショッピングサイトなどが提供しているいわゆる流通系のカードの場合、キャンペーンなどをやっているとより一層申し込みしやすくなります。さらにポイントなども付与されたりしますが、銀行系に比べてキャッシングの金利は少し割高です。

最後に信販会社や消費者金融が提供しているクレジットカードは一番ローンが通りやすいといえます。

とはいっても審査を申し込んでからどのローン会社も信用情報機関にその人の個人情報を請求しますので、嘘を書いたとしたらここでばれてしまい、印象を悪くしてしまいますので、ありのままを申告しましょう。

自分に合ったところでまずは申し込んで審査を受けるのをオススメします。

あまり知られていない、審査緩いカードローンの見極め方法とは

カードローンは正しく使えばとても便利なサービスの1つです。まず、カードローンというのはカードを使ってお金を引き出すことができるシステムです。これはどんな会社や業者のものでも共通している特徴と言えます。そのお金というのは自分の貯金などではなく、カード発行会社から借りているお金になります。

いくらでも自由に引き出せるというわけではなく、限度額が設定されています。この限度額は人によって異なるというのも特徴的な部分です。限度額の設定方法は人やカード会社によって異なるものの、基本的には10万円から50万円程度の範囲で設定されることがほとんどです

何度も使うことで、上限金額は引き上げられることもあり、百万円以上の限度額に達することは珍しいことではありません。この“カードを使う”と言うのは、カードを使って融資を受け、その金額をすべて返済するということを指しています。何度も繰り返すことで、返済能力の高い人間であると判断されるわけです。

利便性がとても高いカードローンですが、だれでも使えるというわけではありません。会社によって独自の基準を設けており、その基準をクリアしないことには利用をすることも出来ないのです。この基準にあてはめて利用できるかどうかを判定することを“審査”と言います。

審査の基準というのはすべての会社で異なるものですが、公開されているわけでもありません。そのため、ある会社では審査に落ちてしまったが、別の会社の審査には通過することが出来た、というケースは珍しいものではないのです。そして、基準がまちまちなので審査緩い会社があるのもまた事実です。

審査緩い会社を見極めるためのコツは“口コミ”です。年収100万円のパートでも借りることが出来た、などの体験談を探し、そのカード会社に申し込むのが最も確実な方法です。審査の条件がわからなくても、このような方法でカードローンを選ぶことで、確実に審査に通れる確率をあげられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.