審査の緩いカードローンの長期利用の是非

キャッシングベスト3

審査の緩いカードローンは長期の利用に向いているの?

審査の緩いカードローン会社は、長期の借り入れに向いているのですか?収入が少し不安があるので、審査の緩いカードローン会社で契約をしようと考えているのですが、インターネットなどで調べると、審査の緩いカードローン会社の場合、金利が高いので、長期の利用には向いていないと書かれています。しかし、銀行などのカードローンは審査ではじかれたことがあるので、気後れしてしまいます。長期で借入をしたい時はどうすればいいですか?

銀行有利ですが金額が多くなければ消費者金融でもOKです

長期の借り入れの場合、金額が多額であった場合は、やはり銀行の方が支払う金利は低くなります。これは長期借り入れの基本的なことなので性質的にどうしようもありません。しかし、長期の借り入れであっても、消費者金融が明らかに劣っているかといえば、必ずしもそうとは言い切れないでしょう。確かに、消費者金融は、銀行に比べて短期の借り入れに向いていると言われますが、それはあくまで長期高額の借り入れをした場合に限られます。数百万単位かつ年単位の長期借り入れの場合でなければ、消費者金融と銀行の借り入れはそれほど大きな金利の差はないと考えてもらっていいです。

銀行のカードローンといっても、借り入れの金額が大きくなれば、審査はかなり厳重になります。収入や勤続年数はもちろん、それ以外の細かい審査項目も増え、そう簡単に借入をすることはできなくなります。そういった面倒を抱えたくないのであれば、消費者金融の長期借り入れも決して悪い選択ではないと私は考えています。ただし、長期の借入の際は、返済額もそれなりに計画を立てることが重要になってくる上に、元金が大きい場合、延滞などをして、遅延損害金が発生した場合、その金額も非常に高くなるので、その点に関しては、十分に気を配ることが必要です。
(⇒融資審査で基準となっている項目

審査の緩いカードローンはどういった特徴があるか

急な出費があって今月は通常の収入だけで流行っていけないというようなケースは長い人生において誰しもが1度は経験することでしょう。そんなときにカードローンを組みたいと思っていても、融資を受けるには審査があります。初めてカードローンに申し込むときには審査に通るかどうかということが不安になってしまうものです。できれば審査の緩いカードローンで借入をしたいと考えることでしょう。

そんなカードローンなんてものは存在するのかと思ってしまうでしょうが、実際にはそういった審査の緩いカードローンというものはそんんざいするのです。でもそういったところって名前も聞いたことの無いような会社だったり、ブラック器用だったりしないだろうかと別の意味で不安になってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。テレビでコマーシャルを放送しているような大手の金融会社でも審査の緩いところは存在します。

では、そういう審査の緩いところを見分ける手段というのはどういったものなのでしょうか。見分けるのはとても簡単で、アルバイトやフリーター、主婦でも利用できるような商品を選ぶことです。こういった商品は貸付限度額が低かったり、金利が高く設定されている代わりに審査がとても甘くなっているので、普段では通らないような場合でも通ってしまうといったようなケースが多々あります。

また、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといったように用途がきまっているようなローンは審査が厳しくなっているのですが、逆に用途が特に決まっていないフリーローンの場合には融資を受けやすくなっています。もし、こういったフリーローンでも落ちてしまったら、次に候補として挙げられるのが、小さく営業している中小の消費者金融会社、通称街金と呼ばれる豪奢ならばまだ融資を受けられる可能性はあります。小さな会社であれば、大手にはできないようなきめ細やかな所まで融通が利く場合が多いです。ただし、金利は多少高めに設定されています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.