審査の緩いカードローンは後が怖いのか

キャッシングベスト3

審査の許いカードローンは後が怖いって、具体的になにが怖いのか

審査がゆるいとか、甘いとかってよくいわれてるカードローンがあります。でも、あまりすいすい貸してくれるところは後が怖いという書き込みを目にしました。具体的に、どんなことが起こるのでしょうか。また、申し込むとしたら、どんな注意点があるんでしょうか。

一定以上の信頼性ある会社であれば必要以上に敬遠しなくてOK

審査のゆるさをうたう、消費者金融のなかには、確かに「後が怖い」系の会社もあります。そもそも会社でない場合もあります。それは違法な融資を行っている闇金です。
(⇒融資の危なさについても把握しておこう

審査はゆるいけれど、金利が法律の範囲を越えて高い。実際には金利が高すぎると、当局から摘発を受け、営業は続けられなくなります。だから、会社ではなく、個人名義で営業を行っていることが多く見かけられます。

基本的には、ふつうの会社でふつうの利用、返済をしていれば、怖い目にはあわないといっていいでしょう。世の中、お金と時間にはものすごくきっちりしている人ばかりではありません。少しルーズなくらいが主流です。そういう何万人という「ふつうの人」を相手に、優良な融資を行っている大手・中小の金融機関はたくさんあります

ただ、度を超してルーズな利用をしてしまい、返済を何か月も送らせてしまうなどすると、強い督促を受けます。また、金融機関で使われている信用情報リストに延滞記録が残り、後々、お金を借り入れできないペナルティを追います。

基本的に、審査がゆるくて金利がそこそこな会社は、できるだけ顧客を増やそう、とくに常連客を増やそうとしています。計画的に利用するなら、ただ審査が甘いというだけで敬遠しなくてもOKということになりますね。

なぜ審査の許いカードローンは存在しないのか

私たちが暮らしていく中でお金は必要なものです。お金は様々なところで活躍します。物を購入したり、サービスを受けたりするときに必ず必要になるものです。私たちにとっては生活する手段なのです。

長年生活しているとお金が不足することはあります。このような時には何らかの手を打たなければいけません。考えられるのは大きく分けて3つです。1つは我慢したり節約したりしてその状況を何とかこらえることです。この方法は誰にも迷惑をかけずに凌ぐことができるので、なるべくならこの方法を使うことが理想です。

もう1つの方法は周囲の人たちにお金を借りることです。自分のことを普段から知っている両親や親戚、友人や知人などに頭を下げて借りるのです。この利点は信頼関係のみで借りられることが多いところです。なので金利がかからない場合もあり、借りやすい面が挙げられます。しかし、返せなくなると信用を失うので注意が必要です。(参考ページはこちら→返済出来ずに信頼を損なうと困るのはカードローンでも同じ

最後の方法は金融機関から借りることです。金融機関には多くの種類があります。銀行や証券会社やクレジットカード会社などが存在します。このうち個人に対して特に積極的な融資を展開しているのが銀行です。銀行は融資を業務の中の重要部分に位置づけしています。融資は経営していく上で非常に大事なのです。

銀行はこの個人への融資方法をカードローンと呼んでいます。このカードローンには利点が存在します。カードローンは金利が低いことで有名です。審査を厳しくしている分、金利を低く設定して貸し出すことが可能なのです。この時注意しなければならないのは審査の許いカードローンはないということです。どの銀行も審査をある程度厳しくしているからこそ低い金利を保てるのです。
(⇒審査基準の差について

次にフリーローンであることです。これは使用目的を問うことがありません。自分で好きなことに使って良いのです。目的ローンとは違うので使いやすい点が挙げられます。

このように銀行のカードローンは利用者にとって便利な点が存在します。有効に利用すれば非常に有難いものなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.