銀行カードローンと消費者金融の使い分け

キャッシングベスト3

銀行カードローンより審査に通りやすい消費者金融を使うべき?

急いでお金を借りたい時は銀行カードローンより消費者金融を利用したほうがいいと友人に勧められました。確かに消費者金融の方が、審査が早いことが多いので、ある意味ではその通りかと思うのですが、そういった時以外でも、消費者金融を利用したほうが便利な面はあるんですか?
(⇒金融業者を特徴によって使い分ける

銀行よりも借入のときに求められる条件が緩くなります

すぐに借入をしたいといった場合、重要なのは、申し込みから実際に借入ができるまでの時間と、どれだけ早く借り入れの許可が出るかです。そうなった時に関係してくるのは、審査の難易度と対応の速さです。そのどちらにおいても、銀行よりも消費者金融の方が優れています。また、インターネットによる仮審査の速さにおいても消費者金融の方が優れています。申し込みから借入までのスピードで最も早いのは、申し込みをしたその日に借入ができる消費者金融ですが、その反面金利の高さでは銀行の方に分があります。

具体的に審査の難易度の違いと条件というのは、消費者金融は無職や専業主婦、アルバイトのような人であっても借り入れを認めていますが、銀行の場合は、これらの人の借り入れは非常の困難です。正規雇用の人を対象のしていることが多く、非正規雇用の契約者が借入をする場合は、よほど高額の収入と低い借り入れ金額が認められないといけません。

正規雇用者の場合、消費者金融でカードローンを組む難易度は非常に低いと考えられ、急いで借入をしたいときには、正規雇用であっても非正規雇用であっても消費者金融を利用するのが得策でしょう。

日々の利用で審査が通りやすい銀行カードローン

カードローンは便利なものですが危険なイメージがあるものです。しかし、銀行カードローンであれば、信用の高い銀行のものですから安全なイメージとなります。しかし、銀行カードローンの審査は厳しそうに感じます。そこで審査が通りやすい環境を作っておくことが、利用する時に大きな力となります。

この審査が通りやすい環境とは、日頃から銀行を利用して自分の信用を銀行に認めてもらうことです。そのためには、給料は銀行振り込みにして勤務先や収入などの情報を銀行に提供して置きます。情報を提供すると言っても、何もする必要はありません。自分の口座に給料が毎月振り込まれれば、それだけで十分です。そして、クレジットカードや公共料金などの引き落としを設定して支払いを続けていけば、それが自分の信用となります。残高不足などで引き落としが出来ないと信用に傷が付きますから、そうならないようにしておけば十分です。これらは誰もが普通に行っていることですから、難しいことでも手間のかかることでもありません。当たり前のことを普通に行えるということを審査では見るのです。

更に、定期預金や貯蓄預金をしておけば完璧です。これらの額が大きければ大きな信用になりますが、少額でも大丈夫です。利用期間が長ければ長い程、信用は大きくなるものです。銀行カードローンを利用するつもりは無くても、日頃から銀行を利用して自分の信用を高めておくことが審査に通りやすくする方法なのです。給与振り込みや貯蓄、引き落としをそれぞれ別々の銀行を利用することも出来ますが、そうすると多くの銀行に信用が出来ますが、それぞれの銀行では高い信用を得ることが出来ません。メインバンクを決めて、なるべくそのメインバンクを利用しておくことが高い信用を得るためには重要です。つまり、日頃の銀行利用を通じて自分の社会的信用を銀行に認識して貰えれば、銀行カードローンの審査は怖いものでは無くなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.